2018年11月27日火曜日

こっこサンタさんをあちこち配ってあした福島へ帰ります


明日からは全国的に寒くなるようです。福島からは霜が降りたよー、とメールが届きました。
走り回った今回のさいたま滞在、昨日、自転車をこぎすぎたのか、さすがに足腰にきました。
12月は浪江町訪問と、子育て支援センター「みんなの家」クリスマス会訪問が決まっていて、そのためのぶたさんがまだ70匹しか編めていないので、心引き締めているところ。
仕事が遅くなったのは日々実感。
なにしろおなじみ「こっこサンタ」さんが可愛くて配って回ったり、送ったり、今日はお世話になった薬局、「大丈夫ですよ」といつもさりげなくそっと声をかけてくださった受付の方にお届け。

えんぴつロケットも構想がどんどん膨らんで、わっくわっく!
アプト城のコックさんもロケット散歩

こっこちゃんもここならおとなしい

明日は大宮のパレスホテルで手作り市があるので、それを見てから福島に帰ります。

2018年11月22日木曜日

館長誕生!さいたま「編んでるシアター館」



新しい「編んでるシアター館」の館長さんは福島館長の息子さんとそのパートナーです。
よろしくー!!
福島「編んでるシアター館」館長は貫禄がちがいます
そのほか福島には「編んでる村」のぶたさん村長がいて、「101ぴきぶたさん物語」の完成にむけて大忙し!

2018年11月21日水曜日

編みぐるみで育むメルヘンポエムの世界



101匹ぶたさん作成中
福島の四季のそれぞれの趣きに心うばわれるときめきの毎日のなかで、たくさんのポエムが生まれることを実感。
そしてそのリズムが賑わいのこの町で形になっていくのかもしれない、とさいたまのスーパーでカートを押しながら、うなずいている編んでるおばさんは変なおばあさんに見えるかも。
まだまだ福島では「編んでるシアター」が知られる存在になる前に一呼吸おいてしまったのですが、それはそれ、編んでるおばさんならぬ飛んでるおばさんのこと、思い描いていた行程を2,3段階飛ばして、最終目的である「お家で編んでるシアター」、大勢のお子さんを前に行うのではなく、お母さんがわが子に毛糸の編みぐるみを登場させて読み聞かせをするお手伝いをさせていただこうと思います。
大切なのはお母さん方が心から楽しみながら、お話ができること。
お母さんにも絵本の世界、お話の世界を漂いながら、浸っていただきたい。
福島、さいたま双方の「編んでるシアター館」ともガラッと設営から変えているところです。
ちょうど福島の手作り市が戸外でも盛んに行われているので、ワクワクしながら見て回りました。
あちこちの100均さんも回り、収穫はかなり!



えんぴつロケット堂々の登場

カントリームードがたまらない


手前の小さなお家は木や紙粘土

きのこのスタンド、うちのきのこちゃんも登場

 

2018年11月20日火曜日

11月の佐原はもう紅葉三昧

春の桜もいいけれど、この紅葉のすばらしさをなんとしょ!
11月3日編んでる村の前の道が「あづまの郷ウォーク大会」のコースになっています。
あづま運動公園がスタート

ここが私の毎朝の散歩道
佐原の集会所が休憩場所
数日後、地元の婦人会のメンバーであづま運動公園散策

イチョウ並木は季節になるとテレビで何回も放映


上の方にちらっと見えるのが吾妻小富士

歩いて5分の所にあってもなかなかね~。

こーんないいところに住まわせてもらって3年になりました。


散策の最後は「佐々木牧場」でジェラートおしゃべり

2018年10月30日火曜日

お家で「編んでるシアター」が活動の真ん中に

さてもう11月がそこまで・・・なので一年の締めくくりの準備を。
編んでるシアター館として最終目的である 「お家で編んでる」
お子さんとお母さんがお家で絵本を楽しむ、そのお手伝いに編んでるくんたちを登場させて、さらにその広がりの中で育まれていく オリジナルの小さなお話・・・。
それを一枚のカードに残していけたら すてきですよね。
編んでるシアター館inふくしまでは 昨年から お申込みいただいたお子さんに「お誕生日カード」を10歳になるまで無料でお届けしています。一枚のはがきに昔習った切り絵や、絵手紙,佐原で写した景色に、小さなお話を添えたもので お母さま方から、お礼状が届きます。
 40年前にさいたま市がまだ大宮だったころ「童話の国」という劇団を立ち上げてこどもたちが小学校卒業するまで差し上げてとても喜ばれた「お誕生日カード」、46歳になる今でもそのはがきを大切にしていますよとお便りもいただいて感激しています。
どうでしょう、そのカードを親子でかかわって作り上げるお手伝いをしたいと思うのです。・・・で福島でもさいたまでも、始めました。

福島版

さいたま版(作品展示が午前中になりました)

2018年10月29日月曜日

浪江のお母さんたちに編み方教室も開催

子どもたちへの編んでるシアターの合間に、浪江G&B(じいちゃんとばあちゃんというんだそうです)編み方教室を開きました。
これはなかなかの大事業?でした。若いお母さんの編み物初挑戦の方々も加わって、にぎやかな、必死の時間でした。
アクリルたわしのようなものではなく、動物を編みたいというので、やはり「こぶた」を編むことにしたのです。
皆さん、とても喜んでくださって、浪江編み物クラブを立ち上げたいと話がでているとかで、12月に再度の訪問予定です。
「支援された浪江から今度は各地の災害などで困っている人たち、特にこどもたちの励ましになるように」編んでる動物くんたちを贈る活動につなげていきたいと思います。


福島浪江町「編んでるシアター」訪問

10月2,3日、浪江町創成小、中学校とにじいろこども園を訪問しました。
学校では昼休みの時間を使って「編んでるシアター」を行いました。
今年3月、学校にもこども園にもそれぞれ編んでるシアター館の20作品余りを
寄贈してありますので、手遊びグッズをたくさん持参しました。
双方とも13日に合同の運動会があり、その練習で子どもたち、きっと疲れていたでし
ょうが、始まるともう、大喜びしてくれました。