2019年1月1日火曜日

明けましておめでとうございます。

編んでる村からおめでとうございます!
平成31年が明けました。
おめでとうございます!

元旦はいつも息子と三人で、主人のお墓参りに行きます。
お天気も良く、少し浮いている感は朝からあったのですが、荷物を確かめながら車を降りようとして、着地しようとしてゆずって(羽生結弦選手のように足首がくきっとなって)
バターンと倒れてしまいました。
お供物のリンゴやミカンがゴロゴロ転がって、周りの人に「大丈夫ですか」と声をかけられてもそうそうは痛みはなくまあ、恥ずかしっ。

でも夕方、タイツが擦れているような、と思ってよく見ると、擦り傷が痛々しい。
一緒にいた息子から「一度に二つのことはするな!」と叱られました。

老いた母をよく観察してること。

でもそうだなあ、今年はこれが私の指針にしよう。


2018年12月27日木曜日

福島編んでる村でお留守番

今日あたりは福島では雪が降りそう。
数日前の朝、窓から見える雪の花木の美しさに歓声をあげてしまいました。



編んでる部屋でできたばかりの「ひららちゃん」「ねぼくまくん」「うさぎのおにいさん」は暖炉の上で仲良くお留守番しているかな。
クリスマス会のために「チャッピー」は連れてきたけれど、なんだかさみしそう。




2018年12月26日水曜日

浪江「編み物クラブ」が発足してました。

今回の浪江訪問はうれしい訪問でした。
前回10月に編み物教室を開いたときは、まったく初めて編み物をするかたが多く、かぎ針も毛糸も、もうすこしゆるく、と言っても手がガチガチでギチギチ編んでいたのですが、この2か月で、もう楽しくて、うれしくて、編み物中心の生活になって、編みたいために家事もテキパキ、こどもたちにもこれまで目が届きすぎてつい口うるさく言っていたのがあまり言わなくなったと編み物歓迎ムードなんだそうで、それやこれやで「編み物クラブ」が発足したそうです。
現在、5名の部員さんが水曜日に集まるようになり、この中心になっている方のとても優しいお人柄が皆さんに心地よいのが一番なのでは、と私は思います。
皆さん真剣でーす

今回の作品は「こっこサンタ」

インターネットや本を見てこれだけの作品作成した方も!

2度目の浪江編んでる訪問

創成小中学校で昼休みを使っての「編んでるシアター」
12月6、7日の2回で「ぐりとぐらのおきゃくさま」「もりのふゆじたく」
「えんぴつロケット」「おふろはいりたい」「ばくさんのだれもしらないよる」


マグネット付きの仕掛けがおもしろい

福島子育て支援センターでクリスマス会編んでる

12月14日笹谷の「みんなの家」でのクリスマス会に伺いました。
地域を巻き込んでの活動を展開しているここでは、地域の方々の合唱もあって笑顔がいっぱいです。
編んでるは新しいくまさんで初めて上演する「みんないっしょに・・・」と「えんぴつロケット」

ロケットに「うさぎのおにいさん」も登場

可愛いサンタさんも楽しんでくれたかな

笹谷町内会の皆さんの合唱
渾身の「納豆」未だ健在

新しい「ねぼくまさん」に乗っかっているのはだーれ

バレエ教室のクリスマス会で編んでる上演

12月のさいたま暮らしは25日、バレエ教室のクリスマス会で編んでる参加からはじまりました。
去年発足したこのバレエ教室は3歳から小学校生までの子どもさんが通っているそうで、先生はなんと編んでるシアター館の前身である「童話の国」のメンバーです。
だもの、腰が足が目が首が・・・なんていってられませーん。
はりきって出かけましたよー。
「はらぺこあおむし」「えんぴつロケット」そのほか詰め込むだけ詰め込んで。
もちろん、納豆も。
あとではらぺこあおむしでもロケットでもなく納豆と写真撮りたいと声が上がったほど、やはりどこでも人気はおとろえません。





楽しかった!!

2018年11月27日火曜日

こっこサンタさんをあちこち配ってあした福島へ帰ります


明日からは全国的に寒くなるようです。福島からは霜が降りたよー、とメールが届きました。
走り回った今回のさいたま滞在、昨日、自転車をこぎすぎたのか、さすがに足腰にきました。
12月は浪江町訪問と、子育て支援センター「みんなの家」クリスマス会訪問が決まっていて、そのためのぶたさんがまだ70匹しか編めていないので、心引き締めているところ。
仕事が遅くなったのは日々実感。
なにしろおなじみ「こっこサンタ」さんが可愛くて配って回ったり、送ったり、今日はお世話になった薬局、「大丈夫ですよ」といつもさりげなくそっと声をかけてくださった受付の方にお届け。

えんぴつロケットも構想がどんどん膨らんで、わっくわっく!
アプト城のコックさんもロケット散歩

こっこちゃんもここならおとなしい

明日は大宮のパレスホテルで手作り市があるので、それを見てから福島に帰ります。