2017年5月22日月曜日

縁てあるんですね、感動です。

先週、ささきカフェでの編んでる牧場でお弁当のおすそ分けくださった方々が絵本に興味があると、「編んでるシアター館」に見えました。
何と、興味どころかもう専門的に活動なさっておいでのかたお二人。
あげていただいた好きな絵本が私の心にある絵本と重なって話が尽きません。
柳田邦男さんの絵本との三度の出会いの話から、平成17年、福島で行われゲストとして参加された柳田さん他の講演を聞いた「読書コミニュティフォーラム」に及ぶと、なんというご縁でしょうか、その時に会場の受付をされていたんだそうです。
そのフォーラムでは、病院内に「図書室」を設けるために推進力になっている方から、聖路加病院の小児科の先生が幼児の避けられない死を前に、待合室でおさない姉、弟に「わすれられないおくりもの」(スーザン・バーレィ作)を読んでくれたこと・・・2年後さいたまに「編んでるシアター館」を開設したきっかけ、障がいがあるからと劇場での観劇が拒まれる現状を見て、座席10の小さな劇場、家族、友人単位での入場ができるようにと、作ったのです。

福島に来てからあの会場はどの辺だったのか見当がつきませんでした。福島駅からバスで2日間通ったことは覚えているのですが、それも今日判明。
「福島文化センター」というんだそうです。
まさか12年経って親戚のある山形ではなく、ここ福島に「編んでるシアター館」を移設するなんて,想像だにもしなかったことです。



そして今日もう一つ出会いというか、なんというか。
編んでるシアター館前にバンビちゃんが飾られることになりました。
編んでるシアター館は工務店さんの仕事場にありますので、どうしても木くずとかでほこりが気になるところで遠慮したのですが、持ち主が母親を撃ち、そのときにお腹にいて まだ日の目を見ずしてはく製にしたものだそうで、母親を探しているようなつぶらな目が、なんとも愛しく・・・。


2017年5月21日日曜日

婦人会で「ちまきづくり」

さ、いよいよ始まりましたよ、「ちまきつくり」
笹とヨシみたいなものを用意して、一晩うるかしたもち米を笹の中に入れ、さて結び方始め!
昨晩おそくまで練習したものの、朝ちょっと結んでみたらもうすっかり手順がわからなくなっていてもう一度ネットで検索し確認して会場の集会場へ。
ところが皆さんと結び方がハッキリと違うのです。そういえばネットでは新潟、十日町と山形の投稿のものでした。
「福島に来たんだから福島のやり方で結ぶの!」とかきつい一撃を頂きながらも、おかげさまで本日のちまき、一つも結び目がほどけることなくおいしく出来上がりましたよ。



2017年5月20日土曜日

ふくしま手作りマルシェ5/20.21

あづま運動公園、福島民家園のストリートで「ふくしま手作りマルシェ」、今日20日と21日の2日間開催です。
明日はとんでもなく暑くなりそうなので、編んでるシアターを3時に終えて会場に急ぎました。
昨年とは少し趣がかわったのか、ちまちましているような感じなのは閉店時間の4時がせまっていたからなんですか、ね。
が、材料に工夫がされていて、こういうものが素材として生かされるのかとワクワクもしました。
やっぱり明日も行かないとダメかな。


キビたんもいましたよ説明を追加
なんか気が乗らないと思っていたら、その原因が分かりました。
実は明日、この地域の婦人会の集まりがあるんです。
で、どうやら毎年らしいのですが「ちまき作り」をするんです。
編み物をやるから器用だと思われるんですが、なんでも覚えるまでにひと様より時間がかかるんです。吞み込むまで。
でも皆さんはもうベテラン。で、皆さんが右から左から前から後ろから手取り足取り、声がかかるんです。
で、余計焦って,蒸かしあがって一つ、中身がこぼれたのはあれわたしのだわ・・・。
あー、-、-。明日,気 重っ!!!!!
と、ひらめきました。パソコンでちまきの巻き方、調べたんです。
新聞紙を使って、練習。それにしても、地方地方で結び方違うんですね。
ま、何とか 行けそうです。

2017年5月19日金曜日

チェンバおおまち「絵本の樹」充実のスタート!

初めての開催でしたから、そりゃ心配でした。

小山から駆けつけてくれた友人の献身的な協力で、設営に一時間半、10時半のスタートです。

先ずは市街散歩中のお二人の婦人、「絵本の読み聞かせ?」といぶかしげでしたが
「しりたがりやのふくろうぼうや」(マイク・サラー作)を聴いていただきました。
次いでは、昔子どもに読んだという「かいじゅうたちのいるところ」(Ⅿ・センダック作)、途中で学校などで読み聞かせをご自身でなさっているというご友人も同席してくださいました。
他に朗読の会の打ち合わせの会合の合間に立ち寄ってくれた方々、
興味はあるものの、気恥ずかしいと後づさりなさる方、
「無料で?」「何のために?」・・・、回数を重ね、周知を図るしかありませんね。

そして最後の方、チラシを見て楽しみにしてきたという80歳の方。
縁のある施設の「バザー」にこれまではアクリルたわしをたくさん贈呈したけれど
ほかのものにも挑戦したいと、かぎ針グッズ満載でお見えです。

用意していた「ぶたくん」には大喜び、編み物の基礎はおありなのでスムースに編み始め時間内に出来上がり!。
なんたってお気に入りは、毛糸の一本釣り的編み方、耳も、手も編み込みんでしまうところだそうです。
編んでるシアター館のある佐原まで行かなくてもここで編み方習えるなんて、と喜んでくださって、大荷物をバイクに積んできた甲斐があったというもの。
72,3歳なんてまだまだこれからって元気になりましたよ。

来月も第3木曜日の6月15日、会場がとれましたので、10時半から15時まで
チェンバおおまち 1階 フリースペース にお出かけください。






2017年5月17日水曜日

チェンバおおまち「絵本の樹」始まります!

5月18日いよいよチェンバおおまちで「絵本の樹」開催です。
トいっても大規模な宣伝をしたわけではないのですが、素敵な企画だと思うんですけど。

大人も子どもも、誰でも好きな絵本を読んでもらえるコーナーが街角にあるという企画。
読み手も聞き手も、すごい幸せな時間を過ごせると思います。
毎月第3木曜日 10時半から15時までの開催
    (1月から3月までおばさん、バイク稼動なのでお休み
       絵本はお好きな作品をお持ち下さっても可!
                       
近くに書店があってそこでは幼児向けのお話会、そして大人のための朗読の会は開催しているんだそうです。
でも「絵本の樹」は絵本だけを大人にも子どもにも一人、一家族対象に読み聞かせをします。お昼休みのお勤めの方もどうぞ!

実を言うとチェンバおおまちは通り掛けにひょいと立ち寄るというスペースではありませんが個人で借りられて費用もまあまあで安心なところってそうはありません。

ゆくゆくはあちこちでこんな「絵本の樹」のような試み・・・絵本を読んでくれるコーナーができることを願っています。

デ読み手さんも、手弁当での参加大募集をしているんです。

ではお待ちしてまーす。
ルン君もお手伝いに行きます
そうそう、ミニ動物グッズを編みたい方もどうぞ。18日は「りんご」と「ぶたくん」を編みます。



福島市鼓笛パレードあります

今朝は大晴天!
今日5月17日、福島市街を子どもたちの鼓笛パレードが行進します。
朝から小学校で出発前の大練習!
「鉄腕アトム」が元気よく聞こえてきます。
他は4年生以上が参加するみたいですが、この小学校は人数が少なく全員参加出来るとか、村中がそわそわしています。
お誘いを受けましたが、きょうは編んでるおばさんは病院です。
21日にテレビでも放映されるそうです。
がんばれー!
裏山の藤が満開

2017年5月16日火曜日

編んでる牧場「絵本の樹」は雨模様でしたが、

少し寒くて、ジェラートという感じではなかったのですが、ささきカフェはホットな雰囲気で、編んでる牧場、開催しました。
初めての編むコーナーも設置しましたよ。


初めは素敵なお嬢さん三人組、でもお話しているうちにそのうちのおひとりがもうすぐ出産されるとのこと。
「しあわせかえる」を差し上げちゃいました。
運動公園でお弁当のつもりでいらしたご婦人3人さん、この寒さで店内でお食事ということになった様子。
アタシ うらやましそうに見てたんかなー、おすそ分けいただいちゃいました!
そのあと、ぬかづけもお赤飯のおにぎりも、追加でいただきました。

で、読み聞かせは?

ん?編み物?一人で、リンゴ、たくさん編めました!

カフェのオーナーさんと
「いつか、このカフェであの本読んでもらったよね」って大人になってから思い出してくれればいいですねって語り合いました。