2019年10月18日金曜日

「編んでる村」のお知らせです

10月26日(土)10時からの「編んでる村」のポスターを作りました。
皆さん、庭先にベンチを置いてあるので、外で開催するものと思われているようですが
「編んでるシアター館」の中で行います。
編みぐるみがたくさんありますので,館内では飲食は出来ませんのでよろしくお願いします。

2019年10月11日金曜日

読み語り応援館「編んでる村」スタートします

10月26日(土)読み語り応援館「編んでる村」始めます!
10時から11時まで、新しくなった東大宮 編んでるシアター館での開催。
福島で編み貯めたグッズや作品なども見ていただくことができ、毎月 開けるように計画しています。
そのほかに大人への読み語りも企画しています。
以前は 昔話を柱に開催していた「ねんねこ座」はほかの方々が引き続き活動を行っておられますので新たに おはなし ほっこり「ほっこり亭」と名付けました。
「独りよがりの朗読会」と副題をつけました。ま、お付き合いください。
詳細は後程・・・。

2019年10月7日月曜日

東大宮、街中散策

街中散策といっても我が家から50歩ほど歩いたところに 以前、庭に大きなイチョウの木があるお宅があって、そこにカラスが巣を作っていました。
当時我が家には、ロンと名付けたラブラドールがいて、その犬とカラスのお話「みぬまのからすのものがたり」を作って編みましたが、おやおや、そのイチョウは切られ、お家もなくなり,3軒の建売住宅が建ち、まだ後ろには整地され、お買い上げを待っている敷地がありました。
冬の夕がたなど すっかり葉を落としたイチョウの木にカラスの丸い巣が見られたものでした。
いろんなことが変わっていきます。
「みぬまのからすのものがたり」

大きなイチョウが画像真ん中あたりにありました

2019年10月5日土曜日

福島はそろそろ紅葉準備始まりましたか

さいたま移転のお知らせが届いて改めて「編んでるシアター」への感謝のお気持ちが、福島からいろんな形で伝わってきて、胸がキュンキュンしている編んでるおばさんです。
吾妻小富士を見ながら、バイクで走った昨年はもう石油の用意をしていたんですが、10月というのに暑い陽射しに惑わされる毎日、福島の紅葉の準備は始まっているのでしょうか。
あづま総合体育館での編んでる読み聞かせ


2019年10月4日金曜日

編んでる村、そろそろ「時間ですよ」

「編んでる村」の入り口の看板が可愛いと、通りがかりの方がたずねてみえます。
どんなことをするのですか、と。
大工さんが入っているうちにと,看板の取り付けをお願いしたので早くつけすぎました。
とはいえ、活動の概要を提示した方がよさそうです。
読み語り応援館をベースにどこまでの範囲で収めるかを思案中です。



2019年10月3日木曜日

四年ぶりの東大宮街中散策

とにかくどこもかしこも新しい家が立ち並んでいます。
三輪自転車で行動することを前提として見ながら歩いていると、道路幅は変わらないのにみっちりと建っているのでお邪魔感で切なくなりそう。
結論としては 歩いて行動するのが最善策。
福島では75歳以上はバス代が無料になるのに、さいたまではその恩恵は受けられないとのこと。
10月になるというのに明日は32度を超えそうだと。朝のうちは雨風強いしいつ歩く?
何処にも花は咲いていてなーんかうれしい!


2019年9月30日月曜日

見沼区ボランティア連絡会に参加しました。

9月30日(月)見沼区役所内で開かれたさいたま市見沼区のボランティア連絡会に参加しました。
さすが熟練の皆様、視点が鋭く活動に即しているので学ぶところ、考えるところが多々ありました。
自分的にはもうボランティア精神よりも、これまでの来し方をいかに思いの中で楽しむかになっているので、他人事のように聞いていたのですが、なるほどと思うことがたくさんあって いつの間にか前のめりになって聞いていました。
60台の男性の在り方がこれからの見沼区の大きな課題であるとは、ほっとけませんよね。
見沼区に限ったことではないのでしょうけれど、埼玉に帰ってきて一か月、なんか変?の正体はこれだったのかしらん・・・。