2020年7月7日火曜日

アプトの国のものがたり

アプトの国のものがたり
                      

         

福島に移住したのは吾妻山のふもとにある工務店さんの資材置き場でしたが
この工務店さんの名前を頂いて「アプト城」ができました。

兵隊さんや、コックさん、王子さま王女さま、
みんなが大好きな 優しい女王さまも 
ここの「ねこの音楽隊」も活躍するお話もこれから 登場します。
アプト城に使われている薔薇の花模様の背景は40年前
母と子の劇団「童話の国」の代表作「白雪姫と七人の小人たち」に使ったカーテンです。
先日白雪姫役の友人がこのカーテン、まだ!と驚いていました。

2020年7月6日月曜日

コロナ対策に「アクリル板」導入します。

編んでるシアター館では本を読むだけではなく、 
絵本に出てくる主人公たちが毛糸の編みぐるみが登場します。
コロナ事態でいろいろと対策を考えました。
普段の接触には、マスクをすることは必要ですが、
絵本を読んでいるとき、お子さんの感情をとらえての抑揚や間に
マスクは、声も表情も伝えづらいと思えます。
そこで、近所の工務店さんに相談して、編んでる舞台を覆うような形の
アクリル板衝立を作っていただくことにしました。
工務店さん、安く工夫しますから、とおっしゃってくださいます。
ありがたいです、
イメージだと「ほっこり亭」の開催にも、充分活用できそうです。
現在の編んでるシアター館内

2020年7月5日日曜日

編んでるリンク操作が何とかできたようです。

なんとかなんとか、できたようです。
ここ何日かで習得したことをきちんと文字化しておかなくては。
とにかく 悪戦苦闘でした。
あきらめて放り出したくなるのを、うまくなだめて、ほめてもらって、ようやくです。
先生!と呼ばせてください。

きのこホテルの物語、背景

きのこホテル



さいたまの見沼区と北区の間に見沼田んぼがあって、
そのあたりに 大きな木、たくさんの緑があります。
少し足を延ばすと、木の切り株がまるで動物たちの音楽堂ではないかと
思われるようなところもあります。
その辺を歩いていたら、
~ひまわり時計が 12時させば 00のホテルのお窓があいた・・~
と、口ずさんでいました。

この背景からはまだまだこれからお話たくさんうまれそう・・・です。

    本編はおはなし編んでる村をご覧ください。

2020年7月3日金曜日

ただ今、リンク操作習得中のためご不便をおかけします

おはなし編んでる村と編んでるシアター館をリンクさせようと朝から頑張っていますが
なかなか難しくてアタフタしております。
編んでるおばさん、頭がこんがらがっていますので、しばらくのご猶予をお願いいたします。

おばけのルルルくんとラララちゃんのお話

おばけのルルルくんとラララちゃん
                                        ある出版社さんのおばけを取り上げた絵本を編んでみてくださいとお話がありました。
編み上げてからも、耳元でおばけちゃんのおしゃべり声がいつも聞こえているような気がして、いつからかこちらからも話しかけていました。
ある時、息子が夜、預かったあかちゃんがどうにも泣き止まずに困った、そういう時どうしたらよかったのか、というのを聞いてお話ができました。


2020年7月2日木曜日

おはなし編んでる村「にげだした三人組」背景3

じゃがいも、にんじん、たまねぎがそろえば、もう定番のカレーです。
このお話はずいぶんと昔、作りました。





福島に移住した先の大家さんが
たくさんの収穫した玉ねぎを保管する前に
何日か土間に広げて干しているのを見て
三人組を取り出して遊ばせました。




我が家の愛犬ロンも大はしゃぎでものがたりに登場。







ものがたり、作品内容は ブログおはなし編んでる村でご覧ください。

2020年6月28日日曜日

おはなし編んでる村「僕の空を…」物語背景 2

おはなし「編んでる村」第2弾の背景をお知らせします。

僕の空をえんぴつロケットが飛ぶ!
えんぴつロケットは
これからもおはなし編んでる村には
何度も 登場するはずです。
編んでるおばさんが子育て中
息子が当時はやっていた
「ジャイアントロボ」で
一人おはなしの世界を 展開していた姿が源です。




「イカないと探偵団」
昔、給食室のあれこれを伝える
小雑誌を作るので
編んでる作品で何か
とお話があって 
すぐ浮かんだのが彼らたち。
イカの探偵団があれこれ調べて回る!
その後もう10年経ちますが 音沙汰なし!
   で、今回はそのイカくんたちに活躍してもらいます!



「うさぎのお兄さん」
うさぎのお兄さんは
おはなし編んでる村のあちこちに登場する大切な存在です。
どこから来るのかわかりませんが、
新しい世界を教えてくれたり、励ましてくれたり、
そんなお兄さんを 一番頼りにしているのは 
                   きっと 編んでるおばさんです。

     もうすぐ7月です。
編んでる村の編みぐるみたちは どんなお話の空を飛ぶのでしょうか。
     お楽しみに。
        本編はおはなし編んでる村でご覧ください。

2020年6月27日土曜日

読み語り応援館「編んでる村」6月開催しました

暑さがじわじわ迫りくる中
6月最終土曜日 読み語り応援館「編んでる村」開催しました。
参加者が 3歳のお子さん、と聞いていましたので
戸田和代さんの「つきよのくじら」(鈴木出版)の編んでるシアターを上演。
先週、作品利用許諾を、いただいたときに戸田先生からの
上演を喜んでくださるコメントがありましたので
力が入りました。
コロナ対策で、編んでる庭で行いましたが
6か月のお子さんも 気を散らすことなくしっかり見てくれました。
「三匹のこぶた」も「大きな栗の木」も楽しんでくれました。
若いお母さんは なんと25年前の
編んでるシアター館の前身である「童話の国」
(小学生までの子どもとお母さんの劇団)で
「アルプスの少女 ハイジ」を東大宮自治会館で
上演した時に 観に来てくれていたそうです。
なーんか、感激。
どんな形であれ、続けてこられたことに 感謝!!
勇気100倍!!


2020年6月25日木曜日

6月「ほっこり亭」開催しました

6月25日 今月最終木曜日なので「ほっこり亭」開催です。
編んでるシアター館の暖炉を中心に据えましたので、
狭くなるかと気がかりでしたが、大丈夫、すっきりまとまりました。
この事態ですので これからもお茶のみはせず 昔語りを中心に進めます。
「ねんねこ座」の方は 
昔語りベテランの皆さんが 
高齢者の集いなどで活躍をされていて
自粛ムードで早い復活を目指しています。
皆さん お元気!
こちら「ほっこり亭」の方は お家で過ごすように
のんびりと、ゆったりと していただければと思います。
で、本日は 家庭菜園のお野菜をお持ちいただいて 
なんたって話の盛り上がったこと。


2020年6月23日火曜日

おはなし編んでる村はじまりました! 物語の背景の①

編んでる村の編みぐるみたちがくりひろげるおはなしの世界
おはなし「編んでる村」をブログで 発信し始めました。
編み上げた動物たちをポケットに入れ、福島の山里を歩いていると
たくさんのお話がうまれました。
小さなストラップ用のうさちゃんや、ワンちゃんでさえ、
生き生きと動きまわり、語りかけてくれて
それは楽しい日々でした。
おはなしブログではおはなしだけを、
この「編んでるシアター館」ブログでは その背景などを
綴っていきます。

うさぎのモーリンさんちの家族は
福島佐原に開いた「編んでるシアター館」の前で写しました。
モーリンさんの名はモーリン・オハラという女優さんのイメージで、うさぎの家族を編みました。ミミとククのほんわりとした姉、弟をこれからも編んでる村で追いかけます。


チャッピーものがたり
編んでる村のアイドルです。福島の編んでるシアター館や、子育て支援センター、あづま運動公園やサポセンなどで、いつでもどこでもお会いした方々にこの「チャッピー」を差し上げていました。さいたまでも編んでる村ではチャッピーがみんなを励ましたり、いたずらをしたり目がはなせません。


おばけの村のチャッピー
妖精のような可愛らしさですが実は編んでる村の奥にある「魔女が森」の魔女になるための修行中なのです。
おばけは白いシーツをかぶりますが、魔女の黒い帽子を チャッピーがかぶる日はいつ来るのでしょうか。


           (この後の解説はまた後程)

2020年6月13日土曜日

おはなし「編んでる村」が始まります

毛糸の編みぐるみでお話の世界を広げていきたいと
おはなし「編んでる村」のブログを開設しようと準備中です。
福島の山里でうまれたあたたかいおはなしに登場する動物たちを編んで
お話カードをたくさん作りましたが 
これを含めてブログに載せていきたいと思います。
登場する編みぐるみが欲しいとの声もたくさんありますが
手編みなので、これを幾つかずつ 編み貯めるのに時間がかかっています。
昨年から福島で「お家で編んでる」をすすめてきましたが、
コロナ事態が起きて、これからの状況も考え合わせると
お家でお子さんに編んでるシアターで
絵本の世界を楽しんでいただくことは とても大切だと思えます。
編んでる村のうさぎさん

編んでる牧場のうしさん

みんな集まってるよ

うさぎのモーリンさん家

おはなし「編んでる村」近日公開


2020年6月3日水曜日

編んでるシアター館始動

編んでるシアター館、はじまりますよ、のおしらせを見沼区役所の掲示版に貼ってきました、
久しぶりの長歩き!
暑くならないうちに、昨日買った派手可愛いくつを履いて出かけました。
アジサイも、つつじも、ドクダミの花も おはよー。
ウイルス菌除去消臭剤も買いました。
「編んでる」はひと家族限定の開催になりますけれど、その分消毒時間をおいて、回数を行うことになります。
そのためにも体力、気力を毎日の生活の中でつけていかなくては。無理なく!!

先日、埼玉県小児医療センターにお贈りした「きのこちゃん」喜んでいただけたようでお電話いただきました。
病院へのボランティアの活動も軌道に乗るまでは時が必要でしょうし、これまでの形も見直されたりするでしょうから、空白が長くならないことを祈りながら、気持ちを届けたいと思います。

アジサイ
ドクダミ


2020年6月1日月曜日

6月になりました

6月です、恐る恐るではありますが窓も心も開きたいですね。
6月のカレンダーは ありきたりではありますが、かえるくんとあじさいのイラストにしました。
空模様もどんよりして、梅雨の雰囲気です。
このくらいがちょうどいい一日になりそうです。

2020年5月29日金曜日

6月から編んでるシアター館 始動します。

爽やかな初夏の風を楽しみながら、ゆっくりとはじまります「編んでるシアター館」
まだまだ「おいでおいで、おいでおいで…」というわけにはいきませんが、いろいろ配慮して始めたいと思います。
読み語り応援館「編んでる村」は普段は お一家族限定で一時間、暖炉のある山小屋気分で編んでるシアターや、絵本の読み聞かせ、手遊び歌など、楽しんでいただきます。
前日までに ご希望の時間帯などお申し込みください。
(これまでのように「編みぐるみくんたち」を抱っこしたりして遊ぶのは、しばらくは我慢してください)

毎月最終土曜日10時から11時まで開催の「編んでる村」はコープみらい財団の助成活動として無料で 密を避けるため屋外で(といっても晴れた日に、編んでる村の庭ですが)行います。
編んでるシアター開催の元の形は「紙芝居型」で自転車の後ろに乗せて 各地あちこちで上演のはずでしたから、ちょっとわくわくです。
これはチェコの街角の風景ですがこんな形が理想、です

「ほっこり亭」最終木曜日開催も コープみらい財団助成活動として
大人への絵本、むかしばなし、エッセイなどの読み語りを「編んでるシアター館」内で
            13時から15時まで無料で行います。
ただ、おしゃべりしながらお茶する形は避けなければなりませんし、マスクの着用をお願いします。
毎週木曜日の「ほっこり亭」11時から12時開催もお待ちしております。



2020年5月26日火曜日

コロナ緊急自粛宣言が26日解除になりました!

あれをしてこれをして、と「編んでるシアター館」再開の準備をしてきましたが、いざ、解除となり詰めてみると、解除のカギが外されて、そのまま前の状態に戻るのではない現状だということに気づかされます。
消毒をして、距離をとって、換気をして…だけではない大きな遮断器が 編んでるシアターと「みんなの絵本の世界」に振り下ろされようとしています。
絵本の中に登場する動物たちを毛糸で編み読み聞かせに登場させてきました。
子どもたちは絵本の主人公が目の前に現れてものがたりの世界にいざなってくれることをとても喜んでくれました。
読み終えた後はその編みぐるみの動物たちを抱っこしたり、話しかけたりする時間を大切にしました。
そして福島に移住しての活動では、大きな場所でたくさんの人を集めて開催するのではなく、お母さんたちが自分の子どものために編んでるシアターでの読み語りをすすめられるようにと「編みぐるみ」の編み方講習会なども模索しました。
さいたまに戻ってからも自分の子どものための編んでるシアターを家庭のなかで育めるような、その足掛かりとして読み語り応援館「編んでる村」を開設したところです。
絵本の世界を みんなの心に育むための三変土田、その渦中にあると思えばなお、心強し!

2020年5月24日日曜日

福島からきのこちゃんのお礼状が届きました。

福島の保育園に送ったきのこちゃんのお礼状が届きました。
新入園児と年長さんに配られたそうです。
子育て支援センターも6月から 人数制限しながら順次開いていくそうです。
子どもたち、待ちかねていることでしょう。
きのこちゃんと遊んでいる子供たちの写真が贈られてきましたが、ブログには載せられないので残念。


2020年5月23日土曜日

友人から手芸綿が届きました

編んでる村に友人から「手芸綿」が届きました。
編んでるおばさんのブログに手芸綿が足りなくなって・・とあるのを見て栃木から送ってくれました。感謝です!!
五月もきのこちゃんを編む手は止まることなく、実は足りないところは、宅配の隙間を埋めるかいこみたいなのがあるでしょう、あれを使っていました。ところがつぶしたりするとぺちゃんこになってしまうことに気づきました。
さあ!これで心置きなくおっきいのもどんどん編めまーす、ありがとう!!

蚕ではありません

2020年5月19日火曜日

コロナ緊急事態宣言21日に解除されることを祈って

編んでる村の花壇準備を進めようと思います。
室内での編んでるシアターが懸念されるようであれば 庭での開催も視野に入れ鉢植え用のお花を買い込みました。
もともとベンチなどは塗り替え予定でしたが、慣れないことなので頭がもやっています。
ここしばらくは天候も雨もよいらしく、焦ることなく淡々と。
といいながら編んでる部屋は昨日大改造しました。
編む日常も楽しく!と灯りの入れ具合、作業しながら音を聴くなど、自分も心地よくと考えました。
緊急事態宣言が解除されたとしても、ワイワイ集まってではなく、ひと家族様での開催に心をこめたいと思います。


2020年5月16日土曜日

編んでる村新しいチラシです

埼玉県はまだコロナの緊急事態宣言は解除されなくて、編んでる村の表の看板や見沼区役所の活動紹介版の変更をしました。

ちなみにしばらくおしゃべりすることもなく過ごしていましたので
 声がきちんと出るか、ほっこり亭が開けるか 心配でしたので、いくつかの童話
              を録音してみました。
ん、大丈夫‼
昔とはだいぶ軽さが違うけれど、その分 温かみがあるような。
手前味噌ではありますが。

2020年5月10日日曜日

5月後半のお誕生日カード作っています

福島の子どもたちに送るお誕生日カード 5月後半分を作っています。
住んでいた佐原は家と家が離れているほぼ山の中でしたが、子育て中の家庭はほとんどが市中にあるため、外出自粛の毎日かと思うと、何とか励ましたいのですが。
特に、小学校、幼稚園入学、入園があいまいになっているお子さんを。
じっくり考えて見てもなかなか・・・。
結局はいつものように・・・。

2020年5月8日金曜日

 きのこちゃんタイトルできました

お出かけ日和なんて言いません、お家にいましょう、編みましょう。
一刻も早いコロナ収束を祈りながら。
病院や、福島の施設あてに「きのこちゃん」を作ってお送りしてきましたが、さすがに手芸綿が底をついてしまいました。
ストラップ型のきのこちゃんばかりでなく、大きなきのこちゃんを作ってみたら これもまた可愛くて 綿がいくらあっても足りません。
場所をとるので必要になったら買えばいいと考えたのが まさかの事態!ネットで買っても連休がらみでまだまだ届きません。
「きのこちゃん」のタイトルもできました。
早く活動できるように 編んでる村で待ってまーす。




2020年4月20日月曜日

きのこ村のきのこちゃん物語制作はじまります

コロナウイルス対策で、編んでるシアター館も編んでる村のお庭も閉めてしまって しんみりしている・・、はずのない編んでるおばさんです。
晴れて開館できるようになったら、子どもとお母さんとおばあちゃんもドアを開けたら
「わあっ!」と歓声が上がるような編んでるシアター館、作りますね。
その勇気をくれたのがきのこちゃんです。
皆さんに可愛い、と言っていただけて 想いが拡がりました。
大きなきのこちゃんを編みました。
ソファーにもだんろの上にもきのこちゃんをたくさーん遊ばせます。
その中で お話が育まれます。
編んでる村の きのこの森の きのこちゃん・・  
 
 他に「えんぴつロケット」「イカないと探偵団」「アプトの国のものがたり」などなど
 その時々のテーマで展開させます。

いつまで続くのかわからないコロナの現状ですが、そのあとの荒廃した世の中になるのが心配です。
東日本大震災のあと福島で受け入れられた絵本の世界、絵本の持つ暖かさと勇気と励ましのエールを 小さな小さな「編んでるシアター館」からお送りします。
実はそう心に決めることで 編んでるおばさんも元気になれるのです。
コロナ交付金はこのことに使わさせていただこうと決めました。
編んでる村ににぎやかな声、おおかみ君もびっくり!



2020年4月17日金曜日

編んでる村もお休みします

接触がなければいいかもと 編んでる庭にきのこちゃんやお話カードを置いておきましたが これもお休みすることに致しました。
きのこちゃんは福島などの保育園にお送りしておりますが、編み貯めておりますので これまで関わりのあった施設や病院に ご希望があればお送りしたいと思います。

2020年4月10日金曜日

きのこちゃん、大忙し

編んでる「きのこちゃん」がたくさんできました。
福島のいくつかの保育園に送る用意をしています。
編んでる庭にも置いてあります。
今日は風が強く吹いているので、いたずらきのこちゃんは、隙あらば飛び出そうとしています。

2020年4月5日日曜日

新入園、新入学のお子さんへプレゼント

さいたま市の入園式、入学式は予定通り行われるところが多いようです。
ずっとずっと前から「幼稚園だねー」「小学生だねえー」って期待と喜びが爆発するところなのに、なんとも大変な状況です。
そんな状況を何とかしたい!誰もがそう思っていることでしょう。
編んでるおばさんの 身の丈に合った、というと これしかないのです、編みました!
「ともだち なんにんできたかな」のきのこちゃんを作りました! 
編んでる庭に 置きました。
お話カードといっしょに お持ちください。
はやく ともだち 
たくさんできるといいね!
チャッピーも ワクワクしてます。

2020年4月3日金曜日

「ぞうくんのさんぽ」編みあがりました

「ぞうくんのさんぽ」(なかのひろたかさく・福音館書店発行)まるで編んでるシアターのためにあるような絵本です。
子どもたちが手をたたいて大はしゃぎするという絵本ではないかもしれませんが、
大きなぞうさんの上に、大きなかばさんが、そしてさらにワニさんが…乗っかるのー?と気持ち、興味を引っ張っていってくれます。
初回作品は絵本とともに、福島浪江創成小中学校に差し上げましたので、再度作り直しました。
この状況ではいつ、出動できるのかわかりませんが、本も買って、事務的な届けもして備えます。待っててください。

2020年4月2日木曜日

4月2日はアンデルセンのお誕生日

デンマーク生まれのアンデルセンが産まれた日です。
編んでるシアター館も、このお名前と編みぐるみを編んで読み語りをする、ということをかけて名付けました。
すてきなお話を形にされたのはすごいなあ。
物語を頭の中で追いかけている幸せな時間をたくさん過ごされたんだろうと思います。
ああ、とうとう デンマークを訪れることはできなかったけれど、パスポートも期限切れだし、足もよぼよぼだし・・・。
でも口はうるさがれるほど、
と編む手は動くので 編んでる「アンデルセン」を楽しもう!っと。

2020年3月29日日曜日

雪が降る・・・

3月29日、お外歩きはいけませんよ、というように雪が降ってます。
編んでる君は「ひやーっ」と悲鳴を上げています。
表の通りは異国情緒にあふれています。
しばらくは編み編みの時間をじっくり楽しみます。
ネットでようやく白い中細毛糸を見つけましたので、「ともだち なんにん できたかな」の子どもをたくさん編むことができます。
幼稚園に行きはぐれている福島の子どもたちに届けようと思います。


2020年3月27日金曜日

明日の「編んでる村」中止します

さすがにこの状況では 3月28日 
最終土曜日開催の「編んでる村」中止します。
でも編んでる村の庭には「お話カード」と、今日がんばって4月のカレンダーを作って、一緒に並べておきますので、お持ちください。
とてもとても 残念です。

2020年3月26日木曜日

「ほっこり亭」そっと開催

3月26日「ほっこり亭」開催しました。
コロナウイルス対策をできる限りしました。
暖かったので暖房を入れながら 換気扇を回しました。
ご近所さんが大人の塗り絵を持って見えたので、昔話は置いといて塗り絵に没頭、なるほどでした。
夜、偶然テレビで塗り絵の番組があって、びっくりしました前からあったんですね、こういう番組、知りませんでした。
それにしても色鉛筆であんなにつやつやした絵が描けるんですね。
編んでるお話カードに色鉛筆で描いた背景・・・なんて素敵じゃないかしら。

2020年3月22日日曜日

さいたまの桜もステキ!!

不要不急かもしれないけれど編んでるおばさん、リュック背負って3月22日 近くの公園から隣の駅まで 途中、大宮名所の桜見物に出かけました。
暖かいお花見日和ですもの。
もちろん 編んでるくんのネミちゃん、ななちゃん、いかのチュッピーも一緒です。 






福島の桜はまだまだでしょうか、佐原の仮設住宅あとの桜のつぼみはふくらみはじめたでしょうか、今年もがんばってね。