2018年3月29日木曜日

読み語り応援館「編んでる村」チラシできました

さて今回のさいたまでの重要なお仕事である「編んでる村」のチラシが出来ました。

で、明日福島に戻ります。         
4月末はゴールデンウイークにかかり、JRの休日クラブ割引なしなので
さいたまには帰りません。30%引きは大きいんです。
5月末までしばらくブログ発信もお休みです。
4月はまず福島、花見山の桜を見に行こうと楽しみにしていますがその様子を発信できないのは残念です。あとは緑の野山を歩き、そしてひたすら編み続ける毎日になる予定!

2018年3月28日水曜日

少し早いのですが5月の販促作品のご紹介

毎月お店での販促提供品、その月その月に適した用途を考えて、と思い制作してきましたがもう手詰まり感。で、数年前まで行ってきたのが今月誕生日の方にプレゼント。
ポニョならぬプニョちゃんなどを作ったことがありましたから随分と長く続けたものです。5月でこいのぼりでは面白味がないので「エンピツ」にしました。
文房具入れに紛れ込ませて和んでいただいたり、ひもをつけて鍵などに着けるとなくさないかも。安全ピンをつけておきますので袋物、バッグにもどうぞ。


「なにこれ?」と笑っていただければ。

編んでる新アイドル「おばけのチャッピー」登場です

いたずらチャッピー!
おしゃまなチャッピー!
げんきなチャッピー!
恋する(えっ?)チャッピー!
でも かわいいチャッピー!

編んでる新アイドル「おばけのチャッピー」
編んでる村をはしゃぎまわるチャッピーから目がはなせません。
編んでる村も、編んでるおばさんのポケットもチャッピーがいっぱい!

なーんか元気が出てきちゃいます。





読み語り応援館「編んでる村」4月から活動始動!!

編んでるシアター作品が、寄贈先「浪江町」「まごころネットワーク」に搬出がほとんど終わりました。
 この4月から読み語りの応援館「編んでる村」として福島佐原での活動第2章が始まります。これまではお子さんに笑顔を!の思いで活動してきましたが、その笑顔をお母さん方に紡いでいただく段階に進めます。
 そのためのヒントや、コツを探りながら、手遊び歌などの編んでる作品応援グッズを展示販売します。
これまでと大きく違うのは子ども達の遊び場ではなく、大人の方が日本や外国の絵本、昔ばなしを楽しむ場で、開館は毎月第3木、金、土曜日10時から12時までとなります。出入りは自由ですが 編んでるおばさんの独りよがりな読み語り「ねんねこ座」は11時からはじめます。
 福島佐原の編んでるシアター館をさいたまと同じく 暖炉を真ん中に、山小屋ログハウス風に壁を張り替え、「編んでる村」改装工事が終わりました。
これまでの蛍光灯器具を埋め込みのスポット照明にし明暗採光ができるようになっています。
準備中に嬉しいお話をいただきました。
福島市の施設である「アオウゼ」で4月14日(土)午後「手遊び編んでるは読み聞かせの応援隊」と題してシニア向けの講座をすることになりました。なんでもさる大学教授が講演なさる予定がお忙しくてのピンチヒッターなのだそうで、助走中の編んでるには有難いお話です。
さ、そういうわけで今回のさいたまは短い滞在で、資料や手遊び作品の作成に励みます。




3月の編んでる活動

編んでるミニハートを雪の上に
まだまだ雪の影響で編んでる部屋でコツコツと編み続ける毎日でした。
はりねずみのおはなし
おばけちゃんシリーズ
ぶたのとうさん おさんぽ
だれかがりんごをかくしてる

春の訪れを待ちわびる福島です

福島、佐原の裏山に咲いた椿一輪に見送られてさいたまに来てびっくり、もう桜が満開状態です。
3月の佐原のご報告を。
畑もそろそろほっくりかえしまーす

あづま運動公園の古木の春の鼓動が聞こえます

かくれんぼはできないか・・・ 
ふきのとう開くとこんなにぎやか

春、春、春よ

後ろに見えますのが、オリンピック会場となるあづま運動競技場

2018年3月2日金曜日

春の販促ストラップは「ともだち何人できるかな」

販促用の編んでるストラップ、好評です。
お店の売り上げはともかく女性客は増えているんだそうで、新入学、新入社などを見据えて3月後半から4月にむけて「ともだち何人できるかな」と題して作成しました。
ここのところ暖かいのは埼玉だからでしょうか。
福島は例年、2月より3月の方が雪が多いんだそうです。でも今年は2月にかなり降ったのでどうなのでしょうか。
それでも春は間違いなく訪れているんですよね。

キャーッ かわいい!



2018年3月1日木曜日

佐原のさるをもっと見たいというので



食べ物がなくなってどんどん民家にも入り込んでかわいそうに嫌われ者になっています。
あれっ

福島庭坂の学童保育の場に伺うと

「編んでるシアター」を学童の子どもたちに見せたところ,子どもたちが騒いでよみきかせができないで困りました、というので2月19日伺いました。
郡山や二本松からスタッフの方も参加されての久々の編んでる上演になりましたが、無事に楽しんでいただけたようです。スタッフの面々からは色々質問がありました。やはり騒ぎ出してこまる経験はどなたにもあるようです。
でも今日はそのことより、そこに集まった子ども達の遊びに感動したお話を書きたいのです。
女の子たちがお店やさんごっこをしていました。
その中にトイレットペーパーを芯を抜いてぺちゃんと押しつぶしたものと卓球のラケットが置いてありました。
「これなあに」と聞くと「おもちつき!」
で、ペーパーをこねるようす+ラケットでつくようすを見せてくれて、その手つきの見事なこと。さらに写真を見てください。見本まで並べて試食も、という念の凝りよう。
それにお店の人という雰囲気が三人の女の子にただよっています。
楽しんだのは編んでるおばさんの方でした。みんなありがとう。


2018年2月27日火曜日

新しい「編んでるハート」の秘密

はじめの「編んでるハート」は、すじ編みが主でしたが、佐原の婦人会での集まりで皆さんと楽しむのには目の増減など複雑かもしれないと、工夫をしました。
その形をさらに皆さんが編み進めて、こんなかわいい形になりました。
ゆくゆくは浪江の集会場での居場所作りの参考作品として生きてきます。

編んでるハートが人気です

居酒屋さんの販促用にバレンタインに向けて作った「ハート」が人気でカップルの来店が増えたと、追加のご注文!
もう4月向け作品にとりかかっていたのですが「ハート」の作成に切り替えて大宮に帰ってきました。
ちなみにバレンタインデイの告白が実って・・という・・ふふふ。

真ん中に愛をとじこめました

2018年2月26日月曜日

雪の福島佐原編んでる暮らし

福島の今年は雪が多いんだそうです。
と、いってもここ福島市の佐原は山一つ向こうの会津などに比べると随分と少ないというのですが。
雪の花は気高く

伊達政宗の父照宗の首塚がある慈徳寺のそば
ここに編んでるたぬきくんを遊ばせると


するとエサを探してさるがあらわれる毎日

編んでる部屋の屋根で様子見をするさるくん

福寿草が咲き始めました

2018年2月5日月曜日

そろそろ編んでる村に戻りますよ

さいたまも中々の寒さですが福島は今日も雪が降っているらしい。
福島の編んでる村の様子を入り口に貼りました。
事務的な仕事が片付いたので、福島に帰り、あとはお医者さんの言うことをよく聞いておとなしく編んでる販促用グッズを編みましょう。
♡♥もワンちゃんもおばけちゃんも・・・です。
どれも可愛い・・と喜ばれていて「編んでる作品」の浪江町寄贈への資金作りになっています。が、福島では毛糸の調達が難しく、インターネットを止めてしまったのは失敗で、さいたまに来るとユザワヤ行きは欠かせません。
今回も買い込みました。

キルト展の余韻冷めないうちにとりかかりたいことがありますし。

2018年2月4日日曜日

バレンタインディ販促用に編んでる♡作ってます

ワンちゃんストラップが好評ということでバレンタイン販促用にハート型のアクリルたわし作っています。
この後4月にはともだちなんにんできたかななどを作る予定、雪空を眺めているとアイディアが浮かびました。それにキルト展のワクワクを加えるとなーんか楽しい編んでる制作の日々になりそうです。


2018年1月30日火曜日

東京国際キルトフェスティバル行ってきました

明日31日までの開催なので頑張って行ってきました。
満足!
佐原の編んでる村へのヒントをたくさんいただきました!


メグの結婚














大賞

和の一位