2021年7月21日水曜日

オリンピック福島で開催も…。

 まさか五年前にはオリンピックの時に編んでるが福島を引き払ってるなど

想像もしていなくて、佐原の大家さんに「地元開催特別割り当て」が

あったらよろしく!なんて言ってたんでした。

無観客のソフトボールでもその熱気は「あづま運動競技場」の上空に炎と        なって燃えているだろうな。


そしてもう一つ辛い現実を知りました。

編んでるが福島に移住するのに力を貸して下さった方は 原発事故被災後、        浪江に小中学校創設以来、校舎の一室で生徒と地元住民の交流をと貢献され       てきましたが、進まぬ帰還、コロナによる閉塞状況などが重なり活動を止め       ざるを得なくなっていました。
「編んでるシアター」を上演したり、地元の方々と編み物クラブを立ち上げ       のお手伝いをしたりして私も何回も訪問させていただきました。                       ここに編んでるの絵本30作品を寄贈してきたのですが、今作品は同じ浪江        の「にじいろこどもえん」に移管されたそうです。
浪江創成小中学校での編んでるシアター、編み物クラブ開催風景

懐かしいだけではない感情が湧き上がってきます。
福島の皆さん、大丈夫ですか。


2021年7月16日金曜日

7・15「ほっこり亭」開催しました

 編んでるシアター館での「ほっこり亭」7月15日第3木曜日開催しました。

この第3木曜日は、おすきな絵本をお持ちいただいたり、館内に常時ある

絵本を選んでいただきお読みしていますがこの日はコロナ後を見据えて

高齢者施設訪問に向けてのお稽古のつもりで呼びかけました。

メンバーのお一人がさいたま市の取材を受けることになっていて、そう

いった緊張感も盛り上がりの大切な要素になっていました。

見沼区役所での「ほっこり亭」に参加された方が、活動に加わりたいと

また、絵本を読むという環境にまるでなかったけれど興味がわいて、と

新しい方々の息吹にもふれた集いになりました。

内容は、歌、昔話、絵本、決め手は「さよならあんころもちまたきなこ」

んんんーーー、施設訪問実施に向けて課題も浮き彫りに。

次回は9月!第2木曜日の見沼区役所でお会いしましょう!






2021年7月14日水曜日

大人へと子どもへとは語りかけが違うよね。

 大人への読み語りを意識して活動を始めてかなりの時間が経ちました。

「ほっこり亭」と名付けてからはそう経ってはいませんが。

で、改めてその読み方、語り方を考えています。

子どもを中心とした子育て支援センターなどでの「編んでるシアター」では

まず、胸の奥を開いてそこに音を溜め語りかけていきました。

その会場に大人がいても子どもの方に向いて。

当然編んでるおばさんは高い位置から、上の方から笑顔と声で子どもたちを

包んでいきました。

けれど、これから始動しようとしている介護施設への訪問絵本読み語りでは

声の溜め位置まで違うと思います。


それを考えるきっかけはここ何日かのモヤモヤでした。

介護施設の車が利用者を迎えに来ていて、そのスタッフが、たまたま庭で

新聞を読んでいた私に「今日はお天気がいいから外で新聞読んでるのねえ」

と声をかけてくれたのですが、弱者をいたわるというか、思いやるという

のかその上からかぶさる物の言い方にジラッとくるものがあって…。


高齢者施設訪問はまだこれからですが、伺うようになっての在り方を

問いかけています。

皆さんと同じ線上にあって、絵本という空間を楽しんでいただく…、

それには・・・

読んでる!編んでる!奏でる!!!おばさん隊

まだまだこれから学びは続きます。

さあ、明日は夏休みするはずだった7月の「ほっこり亭」お勉強会開催。





2021年7月8日木曜日

7月編んでるシアター館での「ほっこり亭」ご期待ください

 毎月第3木曜日7月15日開催の編んでるシアター館での この絵本読んで!

「ほっこり亭」内容が決まりました。

絵本、童話、昔話の「読んでる!編んでる!奏でる!!おばさん隊」

それぞれの持ち味を生かした素敵な集いになりそうです。

「童話の国」のころからのテーマソング「さよならあんころもちまたきなこ」を「ほっこり亭」でも、とようやく探し出しました。

参加の皆様のコーナーも設けてありますので、ご準備を!

ただこんな緊迫したコロナ禍ですので人数の制限があり、前日までにお申し込みをお願いします。

8月はお休みとなります。(見沼区役所での開催は7,8月お休みです)




2021年7月1日木曜日

7月です!Hpも新しくなりました。

 令和3年後半スタートです。

7月、8月は活動をセーブしますが、コロナ禍後の高齢者施設訪問を見据えて、「ほっこり亭」の準備は怠りなく進めていきます。

たぬきのおじいさんたちもできましたし、ね。

それぞれのスキルを活かして

読んでる! 編んでる! 奏でる!!!

素敵なタイトルを「絵本読んでるおばさん隊」につけました。


書店や区役所での この絵本読んで!!の活動が順調に進んでいますのでこちらは少しずつ手を放していきますが

小規模の高齢者施設訪問を考えていますので、施設の方にも、訪問する私たちの方も楽しい時間を過ごせればいいと思います。

そのためにもこの夏をなんとか乗り切らなければなりません。




2021年6月30日水曜日

見沼区役所での「ほっこり亭」はにっこにこ開催

 令和3年 前半最後の この絵本読んで!「ほっこり亭」

見沼区役所で6月30日開催しました。


2歳のお孫さんをお連れの方や、4か月の赤ちゃんを抱っこされたお母さんも。

最後のお子さんはお名前聞いたけど何歳か聞き忘れました。

今日は「ぞうくん」を真ん中に置きましたので、設営はぞうさんバージョン。

編んでるおばさんもとっておきのぞうさんスタイル。

マスクも 夏版上っ張り(古い言い方)もぞうさん模様。

で、選ばれた絵本は「ぐるんぱのようちえん」(福音館書店)2回

「ぞうくんのさんぽ」(福音館書店)

「どこからきたの」(童心社)

「りんごがたべたい ねずみくん」(ポプラ社)

抱いていたお子さんが寝てしまったのでお母さんにテラノサウルスシリーズ

「あなたをずっとずっとあいしてる」(ポプラ社)

お持ちいただいた絵本「チロヌップのきつね」(金の星社)・・・でした。



そして今回は読売新聞さんのおかげですね、この絵本読んで!の応援、読み手になりたいという方がたくさんみえました。

そこで、高齢者施設訪問向けに用意したできたばかりの練習台本 濱田廣介「たぬきのちょうちん」をメンバーで読みあいましたが、これが味があってい~い。




2021年6月28日月曜日

6月30日見沼区役所「ほっこり亭」開催します。

 6月30日(水)10時から11時30分まで

見沼区役所多目的室での開催です。(無料)

お出かけください、


7,8月はお休みし、9月からは毎月第2木曜日開催となります。

コロナワクチン接種で頭がパニックになっていましたが

昨日、無事に第1回目の接種していただき、ほっとしているところです、が

油断は大敵。

コロナ対策にはご協力をお願いします。


2021年6月22日火曜日

「つきよのくじら」戸田和代先生からお便りが。

 大好きな絵本作家の戸田和代先生からお便りをいただきました。

「つきよのくじら」を編んでるシアターにしたときには絵本の大型版をお送り下さり編んでるシアター館の宝になっています。

これからの活動が大人への絵本の読み語りにも視点を向けていくのにあたり

「つきよのくじら」が欠かせない作品になることをお伝えしましたら、激励して下さいました。

励ましのお便りを「絵本読んでるおばさん隊」の皆さんと共有していきたいと思います。

7月中旬には「つきよのくじら」がユーチューブ動画で語られるそうです。

これも楽しみ!!

2021年6月18日金曜日

街角で読んでるおばさん隊「ほっこり亭」小さなスタート!

 6月17日 大人への読み語り「ほっこり亭」は素晴らしい日になりましたよ。


絵本の読み語りに関心を持つ方々と、これからの「ほっこり亭」の進路を話し合うことができました。

それぞれがこれまでしっかりと人生を歩んでこられて、

このコロナで一度流れを止められて

その上でのこれからを模索されていた中で、

この「ほっこり亭」に焦点を向けて下さいました。

読売さんにも感謝です。様々な方からご連絡をいただきます。

そのほとんどが歳を重ねた方々です。

この掲載で、子どもだけではない、大人への絵本の読み語りへのカーブを曲がりました。

高齢者施設へ、「絵本の読み語り」を真ん中に各々高齢者が持っているスキルを活かして訪問を行っていく活動へのスタートです。

様子を見に来られた地域包括支援センターの方が「えっ、今日初めて会ったんですか?」と驚かれるほど、みんなの思いはピタッと繋がりました。

街角で絵本読んでるおばさん隊‼、実のところ見事におばあさん隊ですが、じっくり、ゆっくり、楽しく。


2021年6月17日木曜日

本日6月17日 大人への絵本の読み語り「ほっこり亭」開催します。

 今日は第3木曜日の6月17日、13時から15時まで

大人への読み語り「ほっこり亭」この絵本読んで!の開催日です。

天候がはっきりしませんが、朝掃除、設営終わりました。

6月は「ぞうさん」が主役と決めてはおりますが、ご随意にお楽しみ下さい。

「編んでるシアター」を見るつもりの方がいらっしゃれば、とアクリル板も用意しました。

出演編んでる君たちも緊張気味にスタンバイ完了!!





 
         

2021年6月16日水曜日

見沼区市民ネットワーク交流会に参加しました。

 6月15日(火)見沼区の市民活動ネットワーク交流会に参加しました。

コロナでほとんどすべての活動に影響が出て、これからはどう切り返せる

のか見通せない中、気持ちだけは皆さん上向きでした。

団体紹介のコーナーでは時間がないので名前だけ、と釘を刺されていても

思いのたけをどうしても皆さん語りたくなるようで、苦笑しながら延々。

大丈夫、見沼区は元気!


で、注目の掲示板抽選ですが、「編んでるシアター館」はどうも当たりが

重くすべて一番左下になりました。

早速、明日17日の「ほっこり亭」の開催チラシ貼ってきました。

嬉しいお知らせが一つ、見沼区役所で毎月開催している

この絵本読んで!!「ほっこり亭」

こんげつ6月は30日(水)開催ですが(7,8月お休み)

9月からは毎月、第2木曜日10時から11時半開催に変更します。

多目的室が、選挙などで使われる時をのぞいて確保を目指します。



2021年6月14日月曜日

大人への絵本の読み語り「ほっこり亭」6・17開催

 

大人への絵本の読み語り「ほっこり亭」6月17日(毎月第3木曜日)13時から15時まで「編んでるシアター館」にて開催します。

明日、見沼区のネットワーク団体の会議があり、そこでお知らせ掲示板の抽選会があります。2年度はなんと「編んでるシアター館」一番を引き当てて、張り切ってチラシを作り掲示板に並べました。令和3年は何番になるか、楽しみです。

午後には新しい枠に並べられるよう、新しいチラシも作りました。

かわいいポストカードで、まずは大人への絵本の読み語り「ほっこり亭」のお知らせ。

編んでる牧場主のうしさんご夫婦と、昔話語りもあるよ、ということで担当のたぬきさんを登場させました。

裏は「おはなし編んでる村」の紹介です。





2021年6月12日土曜日

読売新聞埼玉版に掲載されました

 6月12日読売新聞朝刊に「編んでるシアター館」の活動の様子が掲載されました。


通常の読み聞かせから始まり、毛糸の編みぐるみに至るまで、そして福島移住生活から現在まで、しっかりていねいに紹介してくださいました。

記者さんにはこれまでの苦労が報われたような思いです、とお礼を申し上げました。

どんなきっかけで取材してくださるようになったのかはわかりませんが、記事を読んだ92歳の元幼児教育に携わっていたという方から「いいことをなさってらっしゃる、元気をもらいましたよ」とお電話をいただき、パソコンでこれからユウチュウブもみてみたいとのことですっかりお友達になりましたよ。

これからもリモートかもしれないけれどお友達増えるかもしれません。


2021年6月11日金曜日

新聞社の取材を受けて…。

 突然の取材だったので終えてみて改めて「編んでるシアター」のこれからのことをしっかり確認できたかな、と思います。(読売新聞,6/12さいたま版に掲載されるそうです)

絵本が大人にも子どもにも大切なもの、という思いは変わりませんが、これまで子ども向けに作品を選んで編んできました。そのまま大人に「編んでるシアター」しても十分に伝わりますが、これに加えて高齢者施設訪問向けの作品選びにしていきます。

子育て、孫育てを終え、ゆったりと過ごされているところへの「編んでるシアター」訪問には懐かしさと、楽しさと可笑しさ、時に悲しさも必要かもしれません。

そんなことを考えながら手持ちの絵本を開いてみると、今まで何度も読んできた絵本が違った語りかけをしてくれます。

何事もトントントンとはいかなくなりましたが、ま、ゆっくり、じっくり行きますかね。





2021年6月9日水曜日

水野書店「ほっこり亭」無事務めあげました


「 街角で絵本読んでるおばさん隊」この絵本読んで!「ほっこり亭」

初めての開催場所である水野書店(岩槻)で読み手の交代を行いました。


編んでるおばさんから次の読み手は小池さん、高岡さんのお二人です。

7月から、毎月一度、同じく水野書店で土曜日に開催すべく準備中。

こうして対面で絵本を読んで下さる方々が、あちこちでコーナーを設けて

活動されるよう行動を起こしているところです。

コロナ禍で様々な生活様式や、気持ちの変化がこれからどんな形で出て

くるのかはわかりませんが、絵本の持つ力はきっと静かにしなやかに

生きてくるものと信じます。

全くの偶然でしたが、前日に読売新聞の「編んでるシアター館」への

取材のお話があり、この席にいらしていただくことになりました。

どのような形で掲載されるのかはわかりませんが、「編んでるシアター館」

が絵本を単に子ども向けとするのではなく、読み手として、聞き手として

大人に視線を向けていることを強調しましたがどうなるでしょう。

こちらもお楽しみに。




2021年6月7日月曜日

水野書店(岩槻)で編んでるおばさん、最後の「ほっこり亭」

 絵本の読み語り「この絵本読んで!」

おすきな絵本を対面でお読みして「ほっこり」していただこうと

水野書店(岩槻)で去年の12月から、毎月第2火曜日に開催してきました。

今回6月の8日で編んでるおばさんは、「この絵本読んで!」に賛同して

くださる「るぴなす文庫」さん他、素敵なメンバーと交代します。

そんなわけで最後の「この絵本読んで!」は

12時30分から「この絵本読んで!」編んでるシアター

                ぞうくんスペシャル(無料)です。

           ぞうくんの登場する作品を用意しました。


また最後ですのでみなさんが指遊びをしていただけるよう例の 
「ゆびねこちゃん」をお子さんに差し上げたいと思います。





2021年6月6日日曜日

「初夏の編んでるマルシェ」開催しました

 6/5「編んでる作品マルシェ」開催しましたよ。

どれにしようか思案中


展示作品は季節ごとに変えるようにしていますが、今回の設営にはこっそり       ねこさんを入れ込みました。

3年生のお孫さんと「お誕生日の前倒しでいい?」と交渉する声も聞こえ ます。                       
「赤ずきん」と「七ひきの子ヤギ」に出てくるオオカミさんで迷っている 様子。
赤ずきんとおばあさんの入るお腹と七ひきのヤギの入るお腹の大きさが
違いすぎて交換するわけにはいかないのです。

お孫さんが産まれたばかりという方は今年の干支だからと「うしくん」を。

麦わら帽子に、と「あじさいの花」を。
お部屋飾りに、と「あじさいの花ボール」が好評で残りが一つになるほど         でした。

懐かしい方たちもお見え下さったので、後半はおしゃべり会!!


2021年6月4日金曜日

「初夏の編んでるマルシェ」6/5 開催

 明日は晴天が期待されます。

編んでるシアター館「初夏の編んでるマルシェ」

偶数月の第1土曜日に編んでる作品の読み語り応援グッズを

中心に展示販売10時から14時まで開催いたします。

(次の偶数月の8月はきっと暑さでへたばっていることが考えられますので

お休みです。)

お気軽にお出かけください、小物もたくさん用意しました。

お知らせ付きのおはなし編んでる村のミニカードをプレゼント!






2021年6月2日水曜日

6月のお知らせHPでご覧ください

 6月のお知らせができました。日程をHPで公開しています。

7月と8月は編んでるシアター館はお休みです。

見沼区役所多目的室も夏休み中は、小学生の図画の展示が予定されていて使えません。

なので6月はしっかりと活動をし、ワクチンも接種して、今後を見据えます。


2021年5月31日月曜日

ブログへのコメントありがとうございます。

 いただいたコメントをどうお返事したらいいか、わかりませんで             そのままにしておりますがこのブログの場をお借りして。

これまでは子どものために何ができるかを第一に考えてきましたが、

コロナの後を見据えて「編んでる」の生かし方もしなやかに、大人向けに         朗読を支える方法なども視野に入れています。

「毛糸の編みぐるみ」がそれこそクッションになることも、

子どもの施設だけではなく、高齢者の施設に視線を向け始めています。

それも大きくはなく、街角にある小さな施設に。

まずはこのコロナを抑え込まないことには!!

矢車草ってこの季節に咲くんでしたかね、この優しさがたまらない


2021年5月30日日曜日

編んでるマルシェ初夏の手作り展

 

  
   6月5日(偶数月の第一土曜日開催)10時から14時まで

   読み語り応援「編んでる作品マルシェ」を開催いたします。

ホームページでは少し前からお知らせしておりますが、お出かけください。

たくさん編んだはずの「指ねこちゃん」が見せびらかしてる間についあげ

ちゃうので、今、せっせ、せっせと編んでおります。

2021年5月27日木曜日

エリック・カールさんが亡くなりました

 


「はらぺこあおむし」の作者、エリック・カールさんが亡くなりました。


編んでるシアターでは一番人気の作品です。

近年、外国の方の作品を、毛糸で編みぐるみする二次制作が許諾を戴けない

事が多くなりましたが、偕成社さんはしっかりと届け出をすれば許諾してく

れます。

またつい先日知ったのですが、私の敬愛するターシャ・チュウダーの

ごくごく親しい友人編集者が、アメリカではなかなか出版に至らなかった     

このエリック・カールの「はらぺこあおむし」を日本の出版社、偕成社で

出すまでにすごい努力をされたこと。

今では世界的に読まれ、愛されている「はらぺこあおむし」

きっといつまでも大切に心に残ることでしょう。

13年前、中国フフホトの幼稚園で読み聞かせをした時、中国語版の

「はらぺこあおむし」を用意して通訳の準備をしてくれましたが、

日本語版でも充分、子どもたちはイスから腰を浮かせるように集中

してくれていました。


福島から戻るときに、作品を浪江の「にじいろこどもえん」に寄贈して

きたのですが、「編んでるシアター館」にはやはりなくてはならないと

また編みました。これまでも子どもたちに引っ張られ何度か編みなおし

たのですがそのたびにあおむしが大きくなっていきます。


いろいろな思い出を積ませていただきました。

ありがとうございました、エリック・カールさん!



この絵本読んで!「ほっこり亭」5月開催

5月26日最終水曜日「ほっこり亭」開催しました。


今日見沼区役所内で「赤ちゃん相談室」のような催しが開かれていて

お母さんが相談受けやすいようにボランティアの方が お子さんを

預かって面倒をみていらしたのでお誘いして「おおかみとネクタイ」



ワクチンの申し込みの関係でしょうか、年輩の方が待合所には多いの          ですが皆さん絵本とは気がそぐわないような雰囲気です。               (そういえば私も何度もアクセスしていますがつながらず落ち着きません)

そんな中でふらっと立ち寄られたご婦人はサトウハチロー「おかあさん」

を手にされました。「この詩を合唱したことがあるのよ」といくつか

懐かしそうに見ておられました、小さく口ずさんでいらしたのかも。         で、そのまま、まるで「ワルツ」を舞うように部屋を出ていかれました。

お読みすることはなかったけれど、きっといい時間過ごして下さった!!



絵本ご持参での常連さん

今日予定されていた地元野菜即売「みぬマルシェ」は中止でした。

6月は最終水曜日は30日、ぞうさんのお話、集めています。


2021年5月24日月曜日

見沼区役所での5月「ほっこり亭」は26日開催

 「この絵本読んで!」おとなもこどもも絵本でほっこり

見沼区役所多目的ホールで開催する絵本の対面読み語り「ほっこり亭」

5月26日(水)10時から11時30分まで開催いたします。

ここずっとお休みだった地元野菜の即売「みぬマルシェ」も開催される          ようですから楽しみです。おばさんも買い物袋持ってかなきゃ。

「ほっこり亭」はピーターラビットとわんちゃんの絵本を中心に持って          いきます。

お天気も一年中で一番過ごしやすい陽気になってくれるはずです。


【おはなし編んでる村】作品の「うさぎのお兄さん」カードのついたお知ら        せも少しおくばりします。


2021年5月23日日曜日

読み語り応援「初夏の編んでる手作りマルシェ」6/5準備始まりました!

 偶数月の第1土曜日に編んでるシアター館で開催している

読み語り応援「編んでる手作りマルシェ」

6月は爽やかに「紫陽花」でお迎えします

そして、読み語り応援の今回の主役は、「指編んでるくん」(100円)


少し前まではいつもポケットにしのばせていて、電車なんかでぐずる子が
いるとちょんちょん…なんて指にはめて気を紛らわせたりしてたもんです
が、今はお出かけさえままならず、ぐずるお子さんを見かける機会もあま
りないけれど、自分の癒し用にも優れモノ、かわいくて つい話しかけた
りしちゃいます。

他にも 読み語り応援グッズ「もうもう うしさん」「おべんとばこ」
「いっぴきののねずみ」など大きいのから小さいのまでいろいろ。

6月5日 第1土曜日 10時から14時まで
            編んでるシアター館
 チラシができましたらホームページでご紹介いたします。