2022年6月27日月曜日

織の音工房からの出演依頼!

 編んでるシアター館をきちっと立ち上げる前から訪問上演を続けてきた「織の音工房」が

9月に北区のプラザノースで行うイベントに参加依頼がありました。

北区大成に障がい者の授産施設として開かれていたころからのお付き合いです。

(現在は宮原に施設が移っています。) 

織り仕事のお昼休みに上演していましたが、その当時から通っているメンバーの顔触れも大きな変化はなく、皆さん、懐かしがってくれているとのことで、出演する日もお客さん目当てではなく、メンバーの集まりやすい日を選んでくださいました。

もう楽しみです!

              さおり織の音工房内


織りあげた布をステージに一堂に飾って

くれぐれも編んでるおばさんが齢とったと驚きませんように

2022年6月24日金曜日

おはなし夢夢、専用キャリイケース始動!

「 おはなし夢夢」専用のキャリイケースが始動。

勉強の資料や、制作物を入れて出動です。

これまでの編んでるキャリイは絵本の2冊分編んでるシアター入れて手遊び作品入れて、もう海外旅行と間違えられる大きさになっています。

今回のキャリイのいいところは、杖と同じ高さにできるとこ。

すてきな杖を忘れはしないかと気がかりでしたが、杖の代わりにできそうなのです。

例の行方不明の「ありんこさん」なんかは即入れました。

ロンくんや、ムーミンたちが中に入って一緒にお出かけ、ねらっているけれどダーメ!





2022年6月22日水曜日

夕方涼しくなってからの虎ちゃんと見沼散歩

 何かイベントを致しますと、その後のグタグタからはエイッと気を入れて抜け出さなければなりません。夕方涼しくなってきたので、エイッと出かけました、虎ちゃんと見沼散歩。



もうひまわりですよ

ダリアは圧巻の美しさ!



ミントが道端に群生してまして、ちょっと「ベニシアさん」してみたくなりました。

そしてこれまで気づかなかった不思議なおじさんに遭遇。
公園の木のおじさん!


風の強さで真ん中の木、ワンコみたいナ、ゾウクンみたいナ、でしょ。

福島で山中にみた竹の動物園、思い出します。
雪でしなだれた竹に風が強く吹くと、たけり狂ったような獅子舞をするように暴れる様子にお話がどんどん生まれてきました。

ああ、忘れるところでした、この冬はさいたまではほとんど雪が降らず「雪の日のレストラン」のお話も中途半端になっていました。


雪の日にだけ現れるレストラン、動物のシェフたちキリンもゾウもライオンもそうそう大事なラブラドールのロン君もみんな真っ白。(編んでるシアター館のおはなし編んでる村でお話読めます)

というわけでエンジンかかりました!夕方見沼散歩!!


2022年6月20日月曜日

「ありんこさん」が見つかりました。

 6月「ほっこり亭」で編んでるおばさん、編んだ「ありんこさん」が見つからず大慌ていたしましたが、4日も経って今朝、思わぬところに潜んでいたのを発見。

こっち方面に飛んだはず、とどこかで決めつけていて、そうそうよくあるんです、ペットボトルのキャップ、この音はあの辺…と見当をつけて間を置いたらダメ!

薬の錠剤もそう、すぐに拾わなきゃ!

で、こんにちわ!わたしが手遊び「ありんこさん」

こうしてみるとチトこわっ!!ありんこ

2022年6月17日金曜日

6月の編んでる村「ほっこり亭」開催ライアー演奏始まりました

 

とうとう、念願のライアー演奏が始まり皆さん大歓喜!!

はーい、6月の編んでる村「ほっこり亭」6月第3木曜日、16日開催しました。

前回から持ち時間30分で「容子さんの部屋」「真知子さんの部屋」「秀子さんの部屋」

それぞれのスキルを活かして好きに構成しての開催はこれ!いいかも!!






ええー、秀子さんは撮影係で映り込んでいませんが、「おはなし夢夢」のお勉強成果を発揮すべくがんばりっましたよ。「ありんこさん」がみつからず大慌ていたしましたが。

「大人の方への絵本の読み語り」を意識しての作品選びは皆さんの感動を呼びました。
紙芝居「なぞなぞむこどん」絵本「かたあしだちょうのエルフ」「ぼくもぐらきつねうま」

そして「スターリィマン・夢」をいつかまた構成して読み語りしたいと、ご紹介。

7,8月は編んでる村「ほっこり亭」
見沼区役所多目的室での「この絵本読んで!」は6,7,8月お休みになります。

2022年6月15日水曜日

あるボランテイア関係の会合に参加して

 区の市民活動団体の会合に参加して、補助金の件で、意見と想いの発言の違いなのか、年齢を重ねた男女の違いなのか、なぜか言い争いのようになってしまっていた。 

時間を置いて双方の言いたいことが事の善し悪しではなく、人の好き、嫌いの感情に左右されたのではないかと思うに至った。

この種の会合でほとんど意見など述べたことがないのは意見など持ち合わせていないから。

この頃自分が得る情報はほとんどテレビ、たまたま「そうだったのか」と感心していると、ネットで反論が出されて「そうか、そうだったのか」と簡単に考えをひるがえしている自分に危ないものを感じているからだ。

それなのにうっかりすると指名されると、つい分かったようなフリをする性格なので皆様、要注意。目立たないが一番。こんな私でも今日はさすがにもし振られたらどう答えるか頭を巡らせた。(誰も気にかけてなく振られることはなし)

係長さんがマイクを引き取って原則論を述べ、結局、皆さん、納得されたのかどうか、会合は終わり、そそくさと会場を後にする。

雨、たいしたことなくって良かった。年金支給日はこうでなくっちゃ。

で、明日第3木曜日、16日は「ほっこり亭」開催日!!






2022年6月14日火曜日

見沼田んぼ、あじさいばかりではなく

 あじさいの美しさ、あたたかさは格別で、たくさんの方にご覧いただいたようですが、となると他の花々もご紹介したくなりました。

この季節、こういった畑の中に植えられた花たちは桜、菜の花、コスモスなどのようにたくさん咲いて圧巻というのではなく、小さな村の娘たちや、しっかり母さんのような味わいがあります。









2022年6月13日月曜日

見沼田んぼはあじさいの花が生き生きと

うっかりすると明日は、また雨になりそう、

仕方ありません、6月ですから。

でもそんな中でも今日は暑くもなく、快適なので見沼田んぼ散策に出かけました。

ちょっと編み物に集中し過ぎて、バネ感?がないのです。そのくらいがちょうどいい!なんて声が聞こえてはくるのですが。

嬉しいことにあじさいが色、形 様々に迎えてくれました。

ほんと、癒されるうーーー。

本村公園を横切って
ニンジン畑もありまして







のどかな田園風景を楽しみました
まだまだユリや葵、カンナ、ダリア等々、咲いていました。

2022年6月10日金曜日

はらぺこオオカミを編んだのですが

おはなし夢夢の今月の課題作りは続きます。

はらぺこオオカミを、前に作った「七ひきの子やぎ」に出てくるオオカミを参考に作ったのですが、なぜか怖くないというか、そう、迫力がないのです。

この小話というかお話はテンポが大事だと思うのですが、ちょっと笑える大人にも十分楽しめるお話、そのテンポももたつきそう。

耳か、目か!! 今日は、も一度編みなおします・・・か。


2022年6月8日水曜日

ダーニングとやらまねてみました

 NHK関係でこのところよく取り上げられるダーニングとやらをまねてみました。

恥ずかしながら私、慌て者というか粗忽ものでありまして、食べこぼし、飲みこぼしをよく致します。

ブラウスなど気にかけながら、オットット、ということが多くて、よだれかけ代わりにショールを編んだりしてごまかすのですが、それでも オットットなのです。

アップリケなんぞでごまかしたりしていたのですが、このダーニングとやら、やってみました。

ま、雑な人間ですからこんな風かも!で発進してしまいますのでこんな出来上がりですが気に入っています。



2022年6月6日月曜日

宿題に「ぞうさん」作りました

 おはなし夢夢の今回の私が選んだ課題にぞうさんが出てきます。

小さいものからだんだん大きくなるという設定で出てくるぞうさんなので

とにかく大きく、とまず、鼻を大きく作り腕をいれて動かす算段。

次に自分の頭にあわせてベレー帽を編んでみる。

ぞうさんの出番になったら目や牙を付けたベレー帽をスルリと頭から降ろして鼻と交差させて、のつもりでしたが ベレー帽としては良い出来なのに、これがしっくりこない。

で、これまで編んだぞうさんを色々出してみて、ヒントを探る。


で、こうなりました。




2022年6月5日日曜日

6月の編んでるシアター館の予定です。

 おっと うっかりしてました、6月の編んでるシアター館の予定です。

第3木曜日「ほっこり亭」13時から15時まで編んでるシアター館での開催、だけなんです。

最終水曜日みぬマルシェは見沼区役所多目的室が「参議院議員選挙」の期日前投票所となるためお借りすることができません。盛り上がってきたところですがお休みです。(なお、7,8月も夏休みさせていただきます)

編んでるおばさんはその間、何をしているかといいますと、新作、新型編んでる!に挑戦の毎日にできればいいなと思っています。

気持ちは、気持ちは弾んでいるのですが、色々、調整しながら充実の夏入り準備進めております。

チャッピーとあじさい




2022年6月3日金曜日

お勉強はまだまだ続きます

 おはなし夢夢の勉強会のお話はまだまだ続きます。

尾松先生の講義は、スーイッ、トンと胸に落ちます。

まっすぐな視線の先を見失わないように追いかけるのに必死です。

講義の内容は、もう、講義を受けるっきゃないのでここには書きませんが

時間も30分もオーバーする熱の入りようも、安くはない受講料なのに二度三度と受けられている皆さんの馴れ合いのない熱心さに、背筋が伸びます。

受講生もそれなりに力のある方々で、先生に憧れて、なんていう甘い想いは通用しませんで、気を引き締めているところです。

講義の後も、お茶をご一緒しながらお話しできる方々に張り付いてお勉強、お勉強。

今回も絵本についての大切な視点を忘れていることに気づかせてもらいました。

夜、自死した少年を描いた絵本をテレビで語る谷川俊太郎の言葉に通じるものがあり、納得の一日でした。

があまりに興奮が収まらず、家人に今日はおとなしくしているようにといわれたところです。

昨日会場で購入した手袋人形作品集


2022年6月2日木曜日

アーっ、なんてこった!

アーっ!あんなに楽しみにして二日前にはもう玄関に、道具を入れたリュック、資料を入れたバッグを用意し、胸元に飾るアクセサリーまで決めていた「おはなし夢夢」の勉強会、興奮して昨夜は眠れなかったんです、ほら、遠足みたいな感じで。

で、起きたら八時。

で、赤羽についたら景色にまるで覚えがない。

何口だったかも思い出せない。

コンビニやお掃除の人や、警備の人らしき方を見つけて聞くも「赤羽会館」ご存じない。

この時間なので通勤客には聞いては迷惑と思いモタモタ。

主婦らしい方に恐る恐る尋ねると、交番があるから聞いてみたら、と。

ようやく方向が分かり15分の遅刻。「すみませーん」


でも、内容はやっぱり素晴らしいものでした。

前半は生徒それぞれの宿題発表。

特に病を克服され何度か挑戦してようやく勉強会に参加できたと喜ぶ「j」さん

素晴らしかったです。この場で学べることを本当に喜んでおられるのが、その声、表情にあふれていました。(といってもお持ちのスキルは相当なものであるとお見受けしました)

で、編んでるおばさんは、というと「上がっちゃいました」

鏡の前であんなに練習したはずなのに、ボロボロでした。(上がっちゃうなんてまだ可愛いとこあるかも、なんて言ってるから進歩が無い!!)

でも声は褒めていただきました。素直に嬉しいです。

次回までの宿題、がんばります。





2022年6月1日水曜日

お野菜いっぱいの絵本を編んでます

 お野菜がいっぱい登場する絵本を編んでいます。

新しい作品はもう編まないだろうと思えたのは半年前くらいでしたが、なんのなんのかぎ針持ったらもう止まりません。

キャベツ、レタスの緑の毛糸選びに材料部屋の2階に何度も上り下り。

ま、いい運動ですが、きついです。

今編んでいる絵本は色彩があざやかなのでそれを生かしたいので、同じ緑でもこんなに種類があるのかと感嘆、混ざり色も楽しい。





2022年5月31日火曜日

この絵本読んで!でのリクエスト見つかりました

 5月の「この絵本読んで!」(見沼区役所)で この絵本を読んでもらうといい、と書いてもらったメモをお持ち下さった方がありました。

「かたあしだちょうのエルフ」文、絵 おのき がく

探し当てて購入しました。

そして読んでみました。


外国の作品かと思いましたが、小野木学、昭和期の日本の洋画家ですが、その他にも絵本を出されているかたでした。

ゆっくりと読みたい絵本に出会いました。

6月第3木曜日「ほっこり亭」でも読ませていただきます。

リクエストはうれしいですね。おすきな絵本どうぞお持ちください。

思いがけない絵本との出会いに、広い世界が広がるのを感じます。

「この絵本読んで!」は6,7,8月お休みなりますが、

9月の最終水曜日みぬマルシェの日には「かたあしだちょうのエルフ」お持ちします。



2022年5月30日月曜日

おはなし夢夢の勉強会、楽しみです!

6月に入ったらすぐ勉強会2回目です。

なーんか、小学校の遠足みたいにワクワクしてます。

宿題、できました!

クマさん縫いましたよ!

でもほら、やっぱ、縫うのは苦手。

縫い糸が見えてるじゃん。

でも顔 可愛い。 


暑くなりそうなので洋服は何にしようかしら。

アクセサリーはきまってるんですよ。

「にんじん、ごぼう、だいこんさん」!