2020年12月3日木曜日

冬の手作り編んでる祭り、にぎやか飾り付け

冬の手作り編んでる祭り12月5日の開催(10時から14時まで)です。 

12月ですもの、やっぱり「こっこサンタ」がわんさか、

来年は丑年ですもの。もうもううしくんがわんさか・・・。

なかなか形が定まらなくて、もたもたの編んでるおばさん、

ようやく大ガラスいっぱいに盛り付けました。

あとはアプトのお城のお姫さまや女王さまの大好きなティーカップの用意ができれば

おおむね完成かな。

マカロンもたーくさんできました。




2020年11月30日月曜日

編んでる!読んでる!飛んでるおばさん スタートです。

電動三輪自転車が届きました。

バイクに乗ってたし大丈夫、と思っていたのは大間違い。

三輪はふらつきがないから安心説も粉々。

二輪との違いが体に入ってこない。

小さな子供が三輪車に乗れるまで後ろを支えてもらうように面倒見てもらって

足をタイヤに挟みながら必死に練習、ようやく昨日は日曜日の車が少ないところを少し走り

今日は裏道を区役所、郵便局まで行ってみました。

駅の駐輪場をチェックすると、三輪は置けないので、岩槻の時は使えない。

けれどなーんか婆ちゃんモードは飛んじゃって

編んでる!読んでる!飛んでるおばさん スタートです。



2020年11月28日土曜日

11月28日は編んでるシアター館開館日

 28日、11月の編んでるシアター館 開館日です。

今日もかわいいお客様です。

なんと編んでるに来るために、素敵なヒラヒラのついたお洋服を選んだそうです。

いつもは大きな編んでるシアターですが、今日はミニシアター。

すると私にも思いがけない展開でしたが ミニ編んでるを00ちゃんが動かし始めました。

で、編んでるおばさんが読んで、00ちゃんがシアターを見せてくれたのです。

しかも私の膝にするりと乗って・・。「コレコレ密が・・」なんてものではありません。

でも、ね、・・なんか 新しい風感じました。

これから「この絵本読んで!」で対面となると ミニシアターならこの形、有りなのではないかしらん。

かわいい写真は載せられないいので残念。




2020年11月26日木曜日

なぜかこのところ「ほっこり亭」関係ブログに訪れる方多くて・・・

 ブログの閲覧数がこのところ多くて、うれしいんだけれど、編んでるシアター的に    そんな注目されること書いたー?と不思議に思っていたら 原因がわかりました。

<読み語りの大人も子どもも ほっこり>と付けた「ほっこり亭」に関するものが

大衆居酒屋の「ほっこり亭」のツイッターの中に紛れていました。

読んだ人は食べ物ではないほっこりに「なんだこれ?」と不思議がっているでしょうねえ。

ここのママさんの得意料理は「納豆うどん」


2020年11月24日火曜日

赤ずきんを編んでて思いました

前回の編んでる村作品展示会で大評判だったのが「赤ずきん」 

冬の編んでる村祭りにむけて制作中。

ふと、考えました。

いつもお話の世界を広げる手法、話法で話してきたような気がしますが

これを、丸かごというか袋の中に入れ込むのはどうでしょう。

かごの外に出してお話を展開させるのではなくて、おおかみも赤ずきんも

中に入っていく・・・、対面ミニ編んでるなら臨場感出ると思います。

ん?やってみましょう、今度の「この絵本読んで!」から。



2020年11月23日月曜日

この絵本読んで!「ほっこり亭」用のキャリーバッグ、届きました。

 

新キャリーくんと布スヌーピー

11月21日 キャリーバッグが届きました。

この絵本読んで!は絵本を持ち運ばなくてはなりませんので、右側のスヌーピー柄の「編んでるシアター」用のキャリイと用途を分けることにしました。

スヌーピー君は編んでる用としては三代目でそれでも15年は働いてくれています。

福島でも大活躍

          


2013年、さっそうと訪問編んでる出動


布地のような柔らかさで、バイクに乗って後ろに荷物を載せるのに最適でした。
東日本大震災被災地初めての気仙沼訪問(2012年3月)で気仙沼港でも このキャリーが写りこんでいるのですが写真が見つかりません。

新しいキャリーくんは、免許を返却したのでバイクでなくもうすぐ届く電動三輪自転車に乗ってもらいます。

かさばるけれど軽い編みぐるみの編んでるシアターと違って、絵本やコロナ対策品など詰め込むことになります。


2020年11月18日水曜日

街角で「絵本読んでるおばさん隊」見沼区役所チラシできました

 


パソコンをもっとうまく使いこなせれば、きれいにアップできるのでしょうが

見沼区役所内で行う「この絵本読んで!」のチラシです。

<街角で「絵本読んでるおばさん隊」>が目標ですが、「隊」抜きにして

「編んでるおばさん」が一人「読んでるおばさん」することから始めます。

にぎにぎしくなく、それでいて ほっこり感のある場を どう作るか

今夜もまた眠れません。



2020年11月17日火曜日

ほっこり亭「この絵本読んで!」見沼区役所内 多目的ホールで随時開催決定

 ほっこり亭「この絵本読んで!」



おとなにも こどもにも 絵本の世界の温かさにふれてもらいたくて、

おすきな絵本をお持ちいただいたり、選んでいただいて読み語る「この絵本読んで!」

一組ずつ 2冊まで 対面式で、時に「編んでるミニシアター」も用意します。

岩槻の水野書店さんに続き、見沼区役所内 多目的ホールにて開催が決まりました。

12月は12月11日(金)14時から16時まで(無料)

毎月の定例日を決めての開催が目標ですが、ホールの使用状況によりますので 日時が特定できません。1月から3月はホールはいっぱいですので 2回目は来年の4月からになります。

"街角で「絵本読んでるおばさん隊」"  走り出しましたーーー!!


2020年11月16日月曜日

この絵本読んで!のお知らせを作りました

 


素敵な方々との出会いが、夢をかなえてくれました。

街角に本を読んでくれる人がいる、この活動が いつでも どこでも 当たり前のように、あちこちで実践されたらと思います。

水野書店さんは岩槻にあり、おばさん、運転免許は返納していますので、自転車で大和田駅に行き 電車に乗ることになります。しばらく自転車にも乗らないでいたら、まっすぐ走れません、電動の三輪自転車を買うことにしました。

それでも福島から帰ったときは階段の上り下りも大変でしたから、今は動こうという気持ちが出たことがうれしいです。

来年の6月まで水野書店さんで活動し,その後は近場の自転車だけで行ける所をみつけましょう。 大人への読み語りがメーンなので、カフェでもいいのですが、あまり密にならないところーーーなかなかないのですよ、今本屋さんが。それも水野さんのように個人経営で理解があるところ。この水野さんは 6月以降もう後任の読み手さんが名乗りを上げてくれています。

”街角で「絵本読んでるおばさん隊」”

この活動が地道に広がっていきますように。

このお知らせは「編んでるシアター館 hp」で紹介しております。


2020年11月12日木曜日

ほっこり亭「この絵本読んで!」岩槻水野書店で毎月開催決定

 10月、見沼区役所内で開かれた読み聞かせ会のご縁で

ほっこり亭「この絵本読んで!」を岩槻駅近の「水野書店」

開催することが決まりました。

ほっこり亭は大人への絵本の読み語りが主軸です。

これまで 子供や孫に読み聞かせをしていらした方も

自分のために読んでもらうという機会はありましたか。

いつも福島の話になりますが、牧場カフェでの「読み語り」は

午前中はほとんどが 高齢のご夫婦でした。

「あたしも読んであげたわ、この本」「うちの子たちはあの本が好きで

何度も読まされたわ」などと、懐かしみながら聞いてくださいました。

「人に読んでもらうのってこんなに気持ちがいいのね」

大人への読み語り・・・はその心地良さにほっこりしてほしい場です。

そして絵本の温かさに触れて、もう一度ご自分でも「読み語り」を

地域のあちこちで手軽にできる場を設ける世の中になってくれたら、と

さいたまに戻って東大宮の「編んでるシアター館」でも開催し始めましたが

このコロナ禍で重ーい足取りになっていました。

そんな時に この地域に開かれた水野書店のオーナー様にお会いして 趣旨をお話したところ 快諾していただき、ほっこり亭「この絵本読んで!」の開催の運びとなりました。うれしいことにおはなしアラカルトのメンバーが 応援を買って出てくださいました。

毎月第2火曜日 11時から14時まで 水野書店の児童コーナーのテーブル一つお借りして行います。

まずは 来月 12月8日からスタート

編んでるおばさんですので、ちょこっとの合間に「編んでるミニシアター」

通常の編んでるシアターのミニ版上演も計画しています。

12月は「くりすますのおくりもの」ほか「おはなし編んでる村」の作品も用意します。

水野書店

店内風景







2020年11月9日月曜日

読み語り応援「冬の手作り編んでる祭り」お知らせをhpに発表しました

 12月5日(土)に 「冬の手作り編んでる祭」開催をホームページでお知らせしています。

クリスマス向けのプレゼントに「おはなし編んでる」作品も見ていただきたいですし

毎年人気の「こっこサンタ」もにぎやかに出番をまっています。

来年はうしさんが活躍の年ですから、もうもう たくさん用意します。


「編んでる牧場」の動物たちもお澄ましして お待ちしていまーす。

2020年11月8日日曜日

その間、もちろん編んでました

編んでる村はもう、毛糸の山です。

「冬の編んでる作品展」 はクリスマスグッズ」と来年のうしさん製作に

まずは毛糸選び、どんな形のうしさんにするのか あれこれ 選んでいると

小さな部屋はいっぱいになってしまいます。

うしだから白黒というわけではありませんが 基本を敷いて後のアレンジで

頭もいっぱい。

お楽しみに!。





しばらくパソコンが使えない状況でご迷惑をおかけしました

どうやら元の元の部品が壊れていたようです。

朝起きると動かなくなっていて、昼直して、また翌朝、動かない。

あわてなくてはならないような要件があるわけではないおばあさんは

説明をきいてもわかりません。

こちらも壊れかかっていますから。

ただ、このコロナ禍でネットで買い物をするようになったりしていますから

困らないわけではありません。どうぞ、もう機嫌を損ねませぬように。



 

2020年10月29日木曜日

浪江の学校に寄贈した編んでる作品が!

 何気なくパソコンを動かしていたら、何となく懐かしい編みぐるみたちが目に入り、

たどってみると、福島浪江の創成小中学校に寄贈してきた「編んでるシアター」作品が

差し上げてきた本箱まで 紹介されていました。

みんな元気でいたんだなあ、と 胸が熱くなりました。

ああー、ちゃんと活用してくれてたんですね。

さいたまで まさか再活動するなんて思えなかった状況でしたが

どうしても、という作品はもう一度 編みなおしています。

さすが根気がなくなって、ずいぶんと時間がかかりますが、

福島での約4年間の貴重な日々を あれこれ思い出しながら編んでいます。



     皆さんに可愛がってもらうのよ、なんて嫁に出した娘みたい。

2020年10月28日水曜日

今朝の散歩はくまくんときつねさんと。

 少し曇り空ですが、今朝はくまくんときつねさんと 出かけましたよ。

ひまわりはうなだれていましたが、コスモスはまだまだ。

私は、花の中では コスモスが一番好きかもしれない。

母方の里が山形にあり、汽車の線路際に咲くコスモスが、まず浮かびます。

昔の話です。

思わず畑を突っ切っていこうとしたら、スニーカーがズブズブと。

ところどころに穴が開いているのはイタチでしょうか。

いーえ、モグラですよね。






強い香りの花、葉生姜?


2020年10月27日火曜日

朝散歩、やはり三日坊主でしたが再開!

 


朝散歩、始めました。

見事に三日坊主の前回でしたが、散歩したいときにする・・・ことにしました。

だって ほんとにいいところに住んでいるんだもの。

見事だったひまわりもすっかりうなだれてしまいましたが

もう11月が近いというのに 勢いがあるのは朝顔。

毎日、違った顔を見せてくれる花、木。

今日は違った抜け道を発見。






このわんちゃんは一週間前に出会いました


2020年10月25日日曜日

読み語り応援館「編んでる村」秋マルシェ」終わりました。

 10月23,24日開催した 読み語り応援「編んでる村」の秋のマルシェ 終わりました。

たくさんの方々にお越しいただき、ま、おしゃべりもたくさん。

身も心も活性化したようです。

「あかずきん」や「しちひきのこやぎ」「にげだした三人組」などが好評。

うさぎのおにいさんのブローチ型がすべて売り切れ、お友達へのプレゼント用だそう。

で、あれこれ、考えることも多い貴重な機会でした。

久しぶりの方も「元気になって」と喜んでくださり、励ましたり、励まされたり。

「編み物、教えてください」という方も見え、、コロナで家にこもっていたので

何かしたいと考えていらしたんだとか。

教えるという頑張りも今はないのですが、「編み物教室」とか堅苦しくなく、

編んでるシアター演じ用のそういう場を作ることもだれかやってくれないかしらん。

等々、あれこれ考え、レモンサワーで乾杯したり、で、ブログがこんな時間になりました。

明日はいいけど、この疲れが明後日辺りにどっとくるはずです。

おやすみなさーい。



2020年10月23日金曜日

読み語り応援「編んでる村」秋マルシェ、スタートです。



 これまで編みためた読み語り応援グッズを中心に、「おはなし編んでる村」の

おはなしカードをセットした作品を揃えました。

いつもだと えっ、これだけ?と思うところですが、今回は多すぎて

シーズン物は控え、その分、偶数月の第1土曜日に開催をしていきたいと思います。


以前にはよく訪問上演させて頂いた子育て支援センターのスタッフさんが

来てくださいましたので、お話がはずみました。

これまでたくさんの親子連れで、ワイワイ賑やか交流が出来たのに

今はスペースを仕切ったアクリル板越しに手を振るのが精いっぱい、

毎日、消毒を4回も繰り返しているそうですが、今後についても見通しに不安がありそう。

子どもさんにとっても、若いお母さんにとっても大切な時期、

なんとか、どうにか したいものです。


先日の「おはなしアラカルト」の様子が見沼区の広報からツイートされましたが

この活動参加メンバーはお二人とも教師だった方で職を辞されてから

道を切り開いていらっしゃる方々。

こういう方多いんですよね、

知識も経験も豊富で、なんとか大きな歯車回したいですね。







「おはなしアラカルト」見沼区広報ツイートされました

10月13日見沼区役所で開催した「おはなしアラカルト」の様子が

見沼区広報ツイートされました。 


2020年10月22日木曜日

編んでる村作品「秋の編んでるマルシェ!」準備 順調に進んでいます


 編んでるシアター館のホームページではお知らせしておりましたが

10月23,24日の2日間、10時から14時まで編んでるシアター館にて

編んでる作品の販売を行います。

とはいえ、自作ではない絵本の編んでる作品は販売することはできませんので

「おはなし編んでる村」のもの、グリム童話などと、歌遊びのグッズ、

その他、動物やきのこちゃんやななちゃんも。


読み聞かせの活動をされていらっしゃる方や、保育士さんのご予約を頂いております。

先日の「おはなしアラカルト」の動画も流します。

「ぞうくんのさんぽ」はゆうちゅうぶでは流せませんがここで見ることができます。

クリスマスのものは並べきれないので、12月5日「冬の編んでるマルシェ」を

開くことにしました。

年に3回くらい開催できるといいなと思います。

福島ではあちこちで手作り市が開かれて参加するのが楽しみでしたが

自動車免許も返しましたし、一人でボチボチ・・・。

それで市場とは なんて大袈裟な。

でもコロナで思いました、「お家で親子で編んでるシアターを」と

3年前から訴えてきましたが、もっともっと声を大にして言うべきだったと。

お母さんが編んでくれたらそれはすごーくうれしいけれど、

編んでるおばさんの編んだ作品で、おはなしの世界が広がるきっかけに

なってくれれば、と思います。

 

2020年10月21日水曜日

朝散歩、三日目。三日坊主はクリアできるのかしら

 朝日が私をよんでいます。

今日は きのこちゃんを連れて、お目当ては遠くに見えた百日草。

足のもつれもなく快調。

歩けるって嬉しい!



                以上百日草
               秋です、コスモスです
               里芋の葉のお滑り台
              これ、箒になるんですよね

                そして〆はさつま芋